hkanemotoさんの記事一覧(3 / 30Page)

剣道の払い技が上達する練習方法

剣道の払い技が上達する練習方法は、相手の竹刀を払う練習ではなく相手の構え自体を崩すようなイメージをもつことがまず大事だと思います。 そして、打突する技の軌道上に邪魔な竹刀を最小限の動きで払うことも大事ですので、通常の打突・・・

剣道の一本打ちの技が上達する練習方法

剣道において一番重要な意味を持つ言葉「一本打ちの技」について理解をして頂きたいと思います。 「一本打ちの技」というのは、こちらの攻めに対する相手の剣先の変化をとらえた打突を意味します。 つまり、相手との間合いを竹刀の正中・・・

剣道の突き技の残心のやり方と大切さについて

剣道において、「突き」技はもっとも難しくもっとも綺麗な技です。 「突き」技自体は剣道をやったことが無い人でも知っている有名な技で、漫画などでは「るろうに剣心」に出てくる「斉藤一(さいとうはじめ)」が有名です。 しかしその・・・

剣道の試合での効果的な面打ちの出し方

剣道において、基本中の基本といわれる「面打ち」ですが試合の中でも重要な存在です。 実は、現在の剣道人口の中でほぼ8割以上が「中段の構え」そして試合の中で有効打として一本になっている技の6割以上が「面打ち」といわれておりま・・・

剣道の試合での効果的な攻め方

剣道の試合で効果的な攻めが出来ず、空回りしていることはありませんでしょうか? 相手の攻めに合わせた単調な対応になってしまったりはしませんでしょうか? 単純に攻めパターンが相手に読まれてしまっているのか、それとも相手の隙・・・

剣道の試合での心構え~不動心を忘れない~

試合において、練習とは違い一瞬の隙が命取りです。瞬き一つで相手の動きに反応できなかったり、こちらの攻めが殺されたり、集中力を切ることが許されません。 当たり前の話ですが、真剣の時代ヤルかヤラれるかの「死合い」でありました・・・

剣道の八相の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の構えで「八相の構え」がありますが、現代剣道ではほとんど使う機会が無いと思います。では、なぜこの構えが今でもあるのか? これは、一撃必殺で有名な薩摩藩発祥と言われる「示現流」の存在が深く関わってくると考えてます。 み・・・

八相の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

剣道の構えで「八相の構え」と称される構えがあります。 これは、左上段の構えから竹刀を下して鍔が口元に位置する所で止め、左手は体の中心、竹刀は45度傾けて刃の部分を相手に向けて構える野球のバッティングフォームに似た構え方で・・・

剣道の下段の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の構えで「下段の構え」がありますが、剣道初心者でも分かる話ですが「五法の構え」の中でこの構えを取るのは現代剣道ではほとんどありません。 どちらかというと中段の構えから下段の構えをとって、相手の出だしを誘いそれに対して・・・

下段の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

剣道の構えで異質な存在である「下段の構え」ですが、現代剣道において「下段の構え」をとっている人は居ないといっても過言ではありません。 それはなぜか?想像すれば自ずと答えが安易に出てきます。 まず、薙刀と違い剣道には「脛」・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ