剣道家の大敵「アキレス腱断裂」の予防法

剣士の皆様が日々の稽古の中で気を付けなければならない事、たくさんあると思います。

そんな中でもやはり一番気を付けていかなければいけないのが「怪我」だと思います。

スポーツを行う上で多少の怪我は付き物かもしれません。

しかし、それが大怪我につながれば選手生命の危機にまで追い込まれてしまいます。

剣道においては特に「アキレス腱」の怪我も多いと思います。

今回は特に気を付けたいアキレス腱断裂についてお話ししたいと思います。


1.アキレス腱の場所を知ろう

アキレス腱は人体の中でもとても太い腱の一つです。

そして、ふくらはぎが伸びたり縮んだりする為の役割を担っています。

剣道においては踏込みを行うときに使う重要な場所となり、念入りにケアを行う必要がある場所です。


2.アキレス腱断裂の原因

アキレス腱断裂は、運動中に起こることがとても多いです。

剣道においてはどのような場面の時にアキレス腱断裂が起こるのでしょうか。

主な原因として「日々の訓練の積み重ねにより、アキレス腱・アキレス腱周辺に疲労が溜まった時」「技を決めるときの踏込み時やかかり稽古等での急な方向転換時」などがあげられると思います。


3.予防法を駆使して身体を守ろう

ではどんなことを行えばアキレス腱断裂の予防ができるのでしょうか。

まずは剣道をはじめとして、運動する前には十分なストレッチを行ってください。

ストレッチは「ゆっくり・じっくり」が基本です。

急いで反動を付けながらストレッチを行っても効果は半減してしまいます。

ゆっくりと体をほぐすようなイメージでアキレス腱や、その他の筋肉をしっかりと伸ばして下さい。
ストレッチとは別にマッサージも予防法として有効です。マッサージは練習前・練習中・練習後に行う事で疲労を蓄積させずにすみます。

足裏から足先までまんべんなくマッサージを行ってください。

筋肉をほぐすことで、断裂の可能性はずっと低くなります。そして、サポーターの使用も有効です。

アキレス腱断裂予防専用のサポーターが発売されています。是非、こちらも使用してみてください。


4.まとめ

剣道家の大敵「アキレス腱断裂」の予防法はいかがでしたか?

数分のケアやマッサージを行う事でアキレス腱断裂は予防することが出来ます。

アキレス腱断裂は治療にもかなりの時間がかかります。自分の大切な体があってこその剣道です。

怪我を治す時間はしっかり取り身体を休ませなくてはなりません。その間に剣道の練習ができなくなるのは剣士の皆さんにとっては辛いことだと思います。

そんなことにならないように毎日のケアをしっかりと行い、アキレス腱断裂の予防に努めてください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ