剣道初心者にうってつけの攻め方

今回は、剣道初心者にうってつけの攻め方や練習メニューについて詳しく説明いたします。試合を行う上で、初心者がやらなければならない攻め方の1つは、何も考えずに積極的に前に出てどんどん打つことです。理由は2つです。

1つ目の理由は、多くの初心者は剣道の試合においてガチガチに硬くなり、攻め方を自分で考えられないどころかほとんど動けなくなり、普段の稽古で培った技術の1%も出せないからです。

硬くなった体をやわらかくして、普段通りの力を出すためには、とにかく体を動かすしかないです。体が動けるようになると、自然とだんだん無駄な力が抜けてきます。

もちろん、その過程でたくさん打たれるかもしれません。特に出ばな小手を。しかし、それでも前に出ましょう。剣道を上達させるためには、どうしてもガチガチに硬くなった体をほぐすことが必要不可欠だからです。

2つ目の理由は、考えて打っていては遅すぎてしまい、また考えて打っても当たらないからです。剣道にはいろいろな戦略がありますが、それは一定数の試合経験を踏んだ上で初めてとれる戦略ばかりです。

多くの指導者が、初心者にはともかくどんどん前に出ろといいますが、これは初心者に与える戦略がないからという理由もあります。

実は、初心者におすすめの攻め方がもう1つあります。絶対に後ろに下がらないことです。つまり、引き技は打たない、一足一刀の間合いを出入りするような試合をしないで、一度入ったらともかく前に出て打つということです。

経験者の試合では、一足一刀の間合いを出入りして、相手の出方を探りあいながら試合を進めます。しかし、初心者はこれをやってはいけません。

引いたときに簡単に打たれてしまうからです。引き技を打たない理由も同じです。引き技を打った後、下がるのが遅いと逆に攻め込まれ、打たれてしまうからです。

何はともあれ、ともかく前に積極的に出る、そして打つ、さらに絶対に下がらない。これさえ守れば、どんな選手が相手でも(たとえ経験者が相手でも)試合で勝つチャンスが生まれてきます。

練習メニューの試合が終わりましたら、必ず自分の試合のビデオを見て自分の動きをチェックしましょう。そして、指導者や先輩から指導されたことをしっかりと受け入れましょう。

そして、日々厳しい稽古を積むことで、注意されたことを修正できるようにがんばりましょう。初心者にとって試合は勝ち負けよりも、自分ができなかったことや注意されたことをしっかり直すことの方が大事です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ