剣道の各防具の名前と役割

私達が剣道を行う上で、毎日のように身にまとっている「防具」ですが、それぞれの名称や役割をご存知ですか?

大まかには知っているけど詳しくは知らない、と言う方も多いと思います。

今回は剣道の防具の名称とそれぞれの役割についてお話していきます。

これを読んで、現在愛用している防具の名称・役割を理解し防具を大事にしていただければ思います。


1.剣道の防具は4つからできている

剣道の防具は「面」「籠手(小手やコテとの表示をされることもある)」「胴」「垂」の4つで成り立っています。

各防具は私たちの体を守るために身に付けます。

頭を守る面・手から腕を守る籠手・胴体を守る胴・腰部を守る垂とそれぞれの役割がきちんとあるのです。

ではもう少し細かく見ていきましょう。


2.面について

面は私達の大事な頭部を守ってくれる大事な防具です。

顔の部分には竹刀や、竹刀の折れてしまった部分・ささくれなどが目に入らないように頑丈な金具を狭い間隔で並べて作られています。

また突きから喉元を守る突き垂もついています。

万が一突きが外れてしまっても用心垂が付いていますので安心して稽古に励むことが出来ます。


3.籠手について

籠手は私達の手から腕の範囲を守ってくれる防具です。

相手の竹刀での攻撃から自分自身を守りつつ、自分の竹刀をうまくコントロールし攻防できるよう作られています。

新品時にはまだ固く、うまく手首を動かくことが出来ないと思います。長く愛用することでしっかりと自分の手にフィットするようになります。

是非、新品を購入された方はみっちりと使い込んで自分の相方を育て上げてください。


4.銅について

胴は私達の胴体(主に腹部)を守ってくれる防具です。

以前は黒が主流でしたが、近年ではほかの色も増え個性を出すことが出来るようになっているようです。

また、胴の部分に家紋を入れている方もいるようです。


5.垂れについて

垂は私達の腰部を守ってくれる防具です。

胴が外れた際も、厚手の生地で作られたこの垂が腰・太もも部分を守ってくれます。

垂の中央にある大垂には自身のネームを貼り付けます。


6.まとめ

剣道の各防具の名前と役割、いかがでしたか?

防具は暑い・重い・くさいの三重苦でツラいものがあると思います。

そして防具を身にまとっていても、打撃を受ければ痛みを感じます。

それでも着けていなければもっと大きな痛み・怪我を招くことになります。

大きな怪我を予防するためにも、各防具を正しく身に付け日頃の練習に励んでいきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ