竹刀の正しい持ち方 | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道の竹刀の正しい持ち方や練習メニューについて詳しく説明いたします。

まず、左手の小指と薬指を使って剣道の竹刀の柄の端の部分をしっかりと握ります。小指から順に握っていくと良いでしょう。

よく小指を半分竹刀から離して(余して)握ると良いとされていますが、その場合、強い握力が要求されます。

個人個人の筋力によって、小指を半分余して握るのか、余さず小指全体を竹刀にくっつけるのか決めましよう。

なお、この時、手首の関節と腕(特に上腕二頭筋)には力を入れず、柔らかくしておきます。

少し手首を上下左右に動かして動くかどうかチェックしましょうきますか?この時、滑らかに手首が動くと合格です。初めはかなり難しいので、打ち込みを受ける、通常の竹刀よりも短く軽い竹刀などを握り、感覚を身につけるのも良いでしょう。

そして、左手の親指から中指もしっかりと竹刀を握ります。この時、手は竹刀の上から握ります。竹刀の柄には中心に縫い目がついておりますので、これを境にして右側に親指、左側に他の指がくるように握ります。

ただし、親指から中指には力を加えないようにします。また、いくら力を加えないからといっても、手のひらはしっかりと竹刀にくっつけましょう。竹刀をつり気味にもってしまうと、竹刀を払われたり、剣道の正中線を割られやすくなってしまいます。

次に、右手です。右手は、右腕を肘で曲げて、内側の肘を柄の端に置き、竹刀方向に曲げます。この時の右手の位置において右手で竹刀を握ります。

握り方は左手と同様に竹刀を上から握ります。柄についている縫い目の左側に親指を、右側に他の指を置き、握ります。小指から順に握っていくと良いです。

この時左手同様、手のひらはしっかりと竹刀にくっつけましょう。また、右手で握る時は、手首や肘、さらに腕には力を入れないようにし、柔らかくしておきましょう。

しかし、1つ右手と左手が異なる重要な点があります。それは、右手の小指や薬指には力を加えないことです。これは右手で竹刀を振るわけではないからです。

竹刀の持ち方の練習メニューは、日々の稽古が始まる前に小手をつけずにはずした状態で1つ1つチェックしながら行うととても効果的です。

これは小手の皮は厚いので、小手を身につけてから竹刀の持ち方のチェックを行うと、手のひらの微妙な感覚がわからなくなってしまうからです。

竹刀を持って、中段の構えに構えて、素振りをして、構えやすい、素振りをしやすい竹刀の持ち方を探しましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ