剣道の攻めと溜めについて

剣道における体勢は、いつでもどの方向にも動くことができ、なおかつ即座に攻撃に転じることができる上体を至上とし、その境地を目指して練習しています。

そんな体勢によって有効打突を繰り出すためには、「攻め」と「溜め」という概念を用いてポイントを説明することがあります。

剣道上達の要となる打ち込みを確実なものとするための「攻め」と「溜め」、これらをうまく活用するためにそれぞれがどのような意味をもっているのか改めて考えてみましょう。


1.「攻め」とは

まず、剣道における「攻め」とは、中段の構えであれば相手の竹刀の中心線に割って入り、自分の竹刀を相手の中心につけることを言います。

こうなると相手の竹刀は中心から逸れ、一瞬無防備な状態となるためすかさず打ち込むことで勝機を得ます。

また、竹刀を絡めずとも、身体全体で打ちにいくプレッシャーをかけて相手を動揺させる「体攻め」や、激しい気迫で相手を心理的に追い詰めていく「気攻め」などの攻め方があります。

これらに共通した目的は相手のガードを崩し、隙を作ってそこに打ち込むことにあり、やみくもに打って行っても有効打とはなりにくいため重要な手順であると言えます。

剣道では「攻め勝って打つ」ということが至上とされ、打ち合い前の駆け引きではお互いにそのガードを崩そうと「攻め合い」をしているのです。




攻めが強力であればある程、相手は「打たれる」という感覚に苛まれて思わず防御反応を示すようになります。

例えば面をかばおうとして胴が空いたり、手元が浮いたりしてしまうといった行動がそれにあたります。

このような状態を引き出して、的確に隙を突くことが必勝の手順となるのです。


2.「溜め」とは

一方、「溜め」とはどのようなことを指すのでしょうか。

剣道の構えでは、基本通りの動作を修得できていれば足を曲げたり、勢いをつけたりといった予備動作なしでも、そのまま攻撃に転じることが可能です。

そのように、一拍子でいつでも飛びこめるような重心の置き方を備えておくことを「溜めを作る」と表現します。

具体的には、左足のひざの裏を適度に伸ばし、左足に体重をかけて重心を安定させ、いつでも即座に踏み切れるような足拵えをしておきます。

これによって、出鼻技などで相手の動く瞬間を捉えたり、打ち込みをギリギリまで引き付けて応じ技に転じるなどの太刀捌きが可能となります。

このような打ち方を「溜めて打つ」と呼んでおり、剣道の速さを支える源ともなっています。

このように、十分な「攻め」と「溜め」を意識して練習することで一つ上のレベルへと上達していくことが期待されます。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ