理合とは? | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道で大切な「理合」や練習メニューについて詳しく説明いたします。理合とは、剣道において理にかなった攻めや防御のことを言います。

剣道の理合で有名なものには、「間の理合」「正中線による攻防の理合」「中心取りの理合」の3つの理合があります。

初心者には剣道経験が浅いと理解し難い部分があり、やや難しい内容となってしまいますが、剣道が上達する上でとても大事な考え方ですので、しっかり理解し、練習メニューの地稽古や試合に役立てましょう。

まず、「間の理合」です。 間の理合とは間合いのことであり、相手と自分の間の空間的な距離及び時間的な流れ(タイミング)も含まれています。

前者は、自分が一本となる打ちを打てる距離、相手に一本となる打ちを打たれる距離、後者は自分が一本となる打ちを打てるタイミング、相手に一本となる打ちを打たれるタイミングという意味です。

これらは日々の厳しい稽古を積み上げていくことにより、自分の体のつくりや思考の仕組みに合わせて自分なりのものを構築していくしかありません。

次に、「正中線による攻防の理合」です。正中線とは、人間の体の中心を頭のてっぺんから足の先まで切った線です。




剣道において「正中線による攻防の理合」とは、自分は相手の正中線に入らないように防御し、相手を自分自身の正中線を入れるように攻めて打つという理合です。

より具体的には、互いに中段の構えに構え、相手がまっすぐに入ってきて中心を割られ、払われたりすりあげられたりせずともこちら(自分)の竹刀を弾かれてしまった経験があるかと思います。

これが「自分が相手の正中線に入ってしまった」状態です。逆に、自分ががまっすぐに入り、払ったりすりあげたりせずとも相手の竹刀が弾かれていた経験があるかと思います。

これが「相手を自分の正中線に入れた」状態です。肉体的な感覚となってしまいましたが、その方が理解しやすいと思います。

しかし、これらの前段階には無限の組み合わせがあります。日々の厳しい鍛錬で自分なりの「正中線による攻防の理合」を見つけましょう。

最後に、「中心取りの理合」です。ここでいう中心とは3次元的な空間の中心です。よく、自分の竹刀の剣先で相手の剣先を自分の正中線から外す、二次元的な空間での意味合いとし使用されてしまっておりますが、真の意味はそうではありません。

一本となる打ちができる相手と自分の距離もここには含まれてます。毎日厳しい練習を行い、がんばりましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ