小中学生の剣道で突きが禁止されている理由

剣道の有効打突部位は「面・胴・小手・突き」に分類されています。

しかし、「突き」だけは高校生以上からしか打突部位として認められておらず、小中学生の部では禁止されているのです。

いわゆる「禁じ手」として封印されている技ですが、なぜ小中学生は突きを使ってはいけないのでしょうか。

その理由と、注意すべきポイントをお知らせしたいと思います。


1.「突き」は危険な技でもある

結論から言うと、「突き」は剣道の中でもとりわけ危険度の高い技であり、体格が成長しきっていない小中学生には安全上の理由から禁じられているのです。

力が一点に集中する「突き」の威力は絶大なものであり、まともに決まれば成人男性でも後方に飛ばされて怪我をする可能性もあるのです。

また、十分なコントロールに習熟しないと防具の隙間を縫って喉に直接竹刀が入り込んでしまうこともあるため、命に関わる事態にもなりかねません。

したがって、ある程度成長して身体も強靭となってくる高校生以上に限って突き技が認められているのです。

たとえそれでも、大人同士の試合であっても突きの乱用は固く戒められています。

飛びこんできた瞬間に突きが決まり、そのまま後方に激しく転倒して脳しんとうを起こしたりといった事故も実際に発生しています。




小中学生にとっては普段使うことがないからこそ、危険な技としての認識を共有しておきましょう。


2.意図せずとも、「突き」の形になってしまうことがある

突きが禁止されている小中学生の剣道ですが、試合や稽古の流れの中で偶然にも突きの体勢となってしまうことがままあります。

例えばお互いに中段で構え合っている状態から、一方がそのまま打ち込んでいけば自然に喉や胸に相手の剣先が突き立ってしまうこととなります。

練習中であっても勢いが増した状態でそうなると、いわゆる「迎え突き」の形となり、自身の突進力と体重がそのまま跳ね返ってくることとなるため、大けがを招きかねません。

中段の構えは、本来はこのようにそのまま突きに転じることができる攻防一体の構えとして位置付けられており、そのような機能が意図せずに発揮されることがあるのです。

したがって、たとえ突きを使わない小中学生の剣道であっても、十分に攻めて相手の竹刀を中心から外し、「攻め勝って打つ」という稽古を徹底しなくてはなりません。

ついついスピード勝負の雰囲気になりがちですが、やみくもな当て合いに夢中になると上記のような事故を招くことになります。

指導者や先輩が十分に注意して、突きの危険を排除するような正しい剣道に導くことが肝要です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ