剣道のルールでやってはいけない反則

今回は、剣道の試合のルールにおいてやってはいけない反則についてわかりやすくかつ詳しく説明いたします。

やってはいけない反則は細かく言えば、たくさんありますが、ここでは、現代の剣道の試合で多い反則「場外反則」、「竹刀はなし反則」、さらに「竹刀つかみ反則」を中心に解説していきます。

剣道のルール上では1試合で反則を2回行ってしまうと、相手に一本与えられてしまいます。ルール上での反則内容をしっかり把握し、試合中に反則しないよう心がけしましょう。

まず、場外反則です。場外反則とは、試合場の外に出てしまうことです。

場外反則をとられるケースとしては、相手から体当たりを受けて耐え切れなくなり、後ろに下がり場外に出てしまったケース、引き技で後ろに下がって、下がりすぎてしまって場外に出たケース、この2つのケースが最も多いです。

なお、技を出さず、相撲のように単に押すだけで場外に押し出した場合は場外反則はとられません。

場外反則をおかさないようにするには、相手からの体当たりは腰を入れてしっかり受ける、あるいはいなして避けること、引き技は試合会場の広さをチェックした上で打つことなどが必要不可欠です。

日頃の稽古では、試合会場の広さを意識することは少ないと思います。しかし、試合前には試合練習をしっかりこなして、試合会場の広さを把握するようにしましょう。

また、試合会場の大きさは大会によって若干変わります。試合会場についたら、全試合が始まる前にかならずその広さをチェックしておきましょう。

次に、竹刀はなし反則です。これは自分の竹刀を離してしまうことです。よくあるケースとしては、相手からの払い技や巻き技に耐え切れず竹刀を離してしまうケース、相手からの体当たりの衝撃により、竹刀を離してしまうケース、この2つがよくあります。

前者は竹刀の握り方に問題がある場合によく起こります。より具体的には、釣り気味に竹刀を握っていると、構造上払い技に弱く、竹刀を離してしまうのです。

手のひらをしっかりと竹刀にくっつけるように持ちましょう。後者は場外反則への対策と同じように、 相手からの体当たりは腰を入れてしっかり受ける、あるいはいなして避けることが大事です。

最後は、竹刀つかみ反則です。これは相手の竹刀をつかむことです。中段の構えの選手はこれをやることは少ないですが、片手技がメインの上段の構えの選手はやや多い傾向があります。

あるいは中段の構えの選手も片手技を使った後は多い傾向にあります。これは片手を余してしまったとき、速くものをつかみたいという意識が働きます。そこに偶然にも相手の竹刀があれば、誤ってつかんでしまうのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ