剣道のルールに則ったつばぜり合いとは?

剣道の試合におけるつばぜり合いは、反則行為が多く見受けられます。

そのため、高校剣道においては特別な「高校生ルール」というのがあるくらいです。

勝利に走り過ぎてしまったら、間違ったつばぜり合いで有効打突を狙ってしまうことがあります。


1.つばぜり合い

正しいつばぜり合いを上達させることは、正しい剣道を上達させることに繋がります。

つばぜり合いは最も相手と近い距離にあるので、互いに緊張感を持って正々堂々と試合を行わないと、審判も細心の注意を払って反則行為を見逃さないように見ているので、つばぜり合いには繊細な注意が必要です。

剣道における鍔迫り合いとは、攻防の中でお互いの間合が接近してしまい、鍔同士が競り合う状態のことです。

鍔迫り合いでは特に姿勢が崩れやすいので、相手と背比べをしているように姿勢を保ちましょう。

つばぜり合いの試合上でのルールがいくつかあります。

このルールを知っておかないと、知らぬ間に反則行為や不当なつばぜり合いをしてしまい、試合中に反則を自分が取ってしまう恐れがあります。

さらにルールを知らなかったら、なぜ自分が反則を取ってしまったのか分からないため同じ反則をとって相手に一本を与えてしまうかもしれません。

まず、試合中につばぜり合いになった場合は、試合者は積極的に技を出すか、積極的に解消するように努めなければなりません。

しかし、つばぜり合いが長く続くようであれば、基本的には「正しいつばぜり合いをしているか」「打突の意志があるか」「分かれる意志があるか」といった観点から判断されます。

目的と現象を見極めて段階的な基準によって判断されます。

そのルールに則るための判断材料となるものは以下に示すものです。

全ては挙げられませんが、例えば一般的に見て異常な行為であれば、不当なつばぜり合いと見なされます。

「一般的に見て異常な行為」という判断は剣の理法を全うしておらず、公明正大に試合をしていない場合のことをいいます。

これに加え、「時間的な経過」「状勢」なども踏まえて、総合的かつ客観的に考察され、さらに合議によって判断されます。

終始、拳が相手の竹刀の刃部にかかっているような場合は明らかに不当なつばぜり合いです。

また、打突に移る手段として瞬間的な逆交差であれば問題ありませんが、相手に技を出させないために行う長時間の逆交差や頻度があまりにも高かったりすると、それも不当と見なされます。


3.まとめ

剣道のルールに則ったつばぜり合いとは、公明正大に試合を行うということに繋がります。

自分ばかりが有利にはたらこうとする考え方はよくないということを試合を通して学ぶのです。

これも勝利主義のスポーツとは違う、剣道の人間形成に繋がっているのかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ