剣道のルールでやってはいけない反則・禁止行為

剣道は理念などがあり、技量優れていても、心が伴っていないと評価されない場合などがあり(有効打突など)判断しづらい事も多いのですが、剣道も競技として国際化しており、どこの国の人が剣道をしても公平感を保つ必要がありルールや反則規定を定められています。

その中で、剣道も他の競技のように、やってよい事と、やっていけない事のルールがありますが、若干他の競技と違った判定があり、反則ではなかったけど、その行為をしてしまったことで反則になったなど、勝利したが、禁止行為をしてしまったことで勝ちを無効にされてしまうこともあります。

剣道は、精神部分での態度もみて判断される事も多いのでルール、反則や禁止行為を正しく知っておく必要があります。


1.禁止行為について

○即、2本負けの退場を命じる禁止行為(すでに既得本数および既得権を認めない)

・薬物使用の使用。

・審判員または相手に対して非礼な言動をすること。

・定められた以外の用具を使用すること。

○反則1、2回目で相手に1本となる禁止行為

・相手に足を掛ける、または払うこと。

・相手を不当に場外へ出すこと。

・試合中に場外に出ること(先に出た者のみ反則、有効打突が取り消した時は反則なし)




・自己の竹刀を落すこと(直後に相手が打突を加え有効になれば反則ではない)

・不当な中止要請をすること。

・相手の竹刀を握る、または自分の竹刀の刃部を握る。

・相手の竹刀を抱える。

・相手の肩に故意に竹刀を掛ける。

・倒れた時に相手の攻撃に対応することなく、うつ伏せなどになる。

・故意に時間を空費する。

・不当な鍔競り合い、および打突をする。


有効打突に関する判定について

○剣道打突の有効

竹刀を放した直後の打突/倒れた直後の打突/場外に出ると同時の打突/試合時間終了の合図と同時の打突/剣先が相手を制していない場合

○剣道打突の無効

残心のない場合(ガッツポーズをとる)/相打ちの場合/剣先が相手を制している場合

以上が剣道で最低限知っておくべきルールや反則などの禁止行為です。

ルールや違反などは、競技が国際化することにより誰が競技しても公平あるようにルール改訂されていきます。

例を上げると過去に、胸突きが認められていたこともありますが、公平さを保てないことにより違反になっており、剣道競技も常にルールは変化しています。

安全に楽しんで競技をする為には、新しい情報を知っておく必要があり、ルールや審判規定、禁止行為など確認しておきましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ