剣道の基本的なルールを分かりやすく解説します!

今回は、剣道において基本的なルールについて初心者にもわかりやすくかつ詳しく説明いたします。細かいルールはたくさんありますが、ここでは、ルール上、どうすれば試合で勝利することができるのかという観点から解説していきます。

まず、剣道は試合時間があります。大会によって大きく異なりますが、おおよそ3~5分です。

この試合時間内に決着がつかない場合は、延長戦を行い決着がつくまで試合を継続するか、あるいは引き分けとなり試合が終了するかとなります。

これも大会によって大きく異なります。試合に出るようになったら、その大会がどういった決着方法で試合が終了するのかかならずチェックしましょう。

剣道は3本勝負で、試合時間内に2本先取すれば、その時点で試合は終了します。もし試合時間内で片方の選手だけが1本だけとった場合、試合時間が完了した時点で、1本とった選手の勝ちとなります(一本勝ち)。

もし、選手二人共に1本とった状態、あるいは1本もとれなかった場合は引き分けとなるか、延長戦を行います。

一本になるかどうかは3人の審判の旗の数で決まります。試合は3人の審判によってさばかれます。試合全体をまとめ、「はじめ」「面あり」あるいは「場外反則一回」などを宣告する主審1人と、副審2人の3人です。

3人の内、二人以上の旗が上がれば一本となります。もし、判断に迷った場合は3人で話し合い(合議)決めます。

一本となるためには、心技体が一致していなければなりません。しっかりと声を出し気合が充実しているのか、正しい姿勢で打突部位を打っているのか、竹刀の中結から剣先の範囲で竹刀を相手の打突部位に強い打ちを打てているのか、残心はしっかりあったかなどで判断されます。

審判のレベルは試合のレベルに応じて変わります。初心者同士の試合であれば、ジャッジは甘くなります。審判2人以上が一本と認めた場合、主審が「面あり」、「小手あり」など一本となった打突部位を宣告します。

また反則が審判に認められれば、 主審が「場外反則一回」、「竹刀はなし反則一回」と宣告します。

試合は主審の「はじめ」の合図で始まり、「やめ」の合図で試合が一時中断いたします。

試合終了時には1本勝ちならば「1本勝ち勝負あり」、引き分けならば「引き分け」、さらに2本勝ちならば「勝負あり」と主審が宣告します。選手は必ず審判に従わなければならず、審判の審査に関して申し立て等をおこなうことは一切できません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ