「剣道が上達する練習方法」の記事一覧(2 / 6ページ)

剣道で必要な筋肉を鍛えるトレーニング方法

剣道は運動競技でもある以上、やはり肉体的なトレーニングは欠かせません。 竹刀を振り上げて振り下ろすためのパワーとスピード、そして長時間安定して技を遣えるような持久力も必要となります。 したがって他の多くのスポーツと同様に・・・

剣道の逆小手が上達する練習メニュー

「逆小手」とは、左手の小手を指していう打突部位のことです。 剣道では通常、中段の構え同士で攻防を行う時は、右小手のみが有効打突部位であり、左の小手はたとえ十分に当ったとしても一本とは認められないことがルール上定められてい・・・

剣道が中々上達しないという人に見直して欲しいポイント

この文章を読んでくださっている人はきっと、「もっと剣道が強くなりたい」、「もっと上達したい」と願っている研究熱心な剣士の方たちだと思います。 剣道を志す者であれば誰しもが更なる上達を願って稽古に励んでいるはずであり、練習・・・

剣道が強くなる防御の練習メニュー

剣道には、例えば「受け」などの防御のみに特化した技というのは存在していません。 それというのも、剣道の技法体系では受けた太刀はそのまま返し技などとして反撃するようにできており、相手の攻撃に対しても竹刀を擦り上げたり、抜い・・・

ブランクがある人が勘を取り戻すために行うべき剣道の練習メニュー

学生時代に剣道をしており、しかし社会人になってからまったく竹刀を握らなくなった、という人も多いのではないでしょうか。 そのような経験者のなかには、例えばお子さんが剣道を習い始めたり、何かのきっかけで道場に通うチャンスがで・・・

剣道の胴打ちが上達する練習メニュー

胴打ちは斜めに打ち込む太刀筋に加えて、中段の構えではしっかりとガードされている箇所でもあるためなかなか打つのが難しい部位でもあります。 しかしながら打ち合いの流れの中で大きく隙ができることも多く、応じ技などでも打つチャン・・・

剣道の打突が上達する練習メニュー

剣道の攻撃を総称して「打突」というように、極論すれば剣道は「打つ」か「突く」かのシンプルな動作で構成されているとも言えます。 したがって、この「打突」こそが剣道の骨子の一つであり、生涯をかけて追い求める課題としても捉えら・・・

剣道の出鼻技が上達する練習メニュー

相手が攻撃をしようと動き出す、その瞬間を狙って放つ技を剣道では「出鼻技」と呼んでいます。 あくまでも「動き出す瞬間」であって、「動いてから」ではないところにこの技の妙があり、相手が無防備となる貴重なチャンスでもあるため、・・・

剣道の出小手が上達する練習メニュー

剣道には「後の先(ごのせん)」という教えが伝わっています。 先に相手に打たせて、できた隙を狙って打ち込むといういわばカウンター技を指して言うことですが、一見こちらが後から動いているようでもその実は相手を誘い出しているので・・・

剣道の上段の構えが上達する練習メニュー

剣道でもっとも多く使われる構えは、両手で握った竹刀の剣先を相手に向ける「中段の構え」ですが、それを頭上に高々と振りかぶった状態の「上段の構え」も目にすることがあります。 特に長身の剣士に好んでこの構えをとる人が多く、中段・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ