「剣道の構え」の記事一覧

剣道の八相の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の構えで「八相の構え」がありますが、現代剣道ではほとんど使う機会が無いと思います。では、なぜこの構えが今でもあるのか? これは、一撃必殺で有名な薩摩藩発祥と言われる「示現流」の存在が深く関わってくると考えてます。 み・・・

八相の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

剣道の構えで「八相の構え」と称される構えがあります。 これは、左上段の構えから竹刀を下して鍔が口元に位置する所で止め、左手は体の中心、竹刀は45度傾けて刃の部分を相手に向けて構える野球のバッティングフォームに似た構え方で・・・

剣道の下段の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の構えで「下段の構え」がありますが、剣道初心者でも分かる話ですが「五法の構え」の中でこの構えを取るのは現代剣道ではほとんどありません。 どちらかというと中段の構えから下段の構えをとって、相手の出だしを誘いそれに対して・・・

下段の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

剣道の構えで異質な存在である「下段の構え」ですが、現代剣道において「下段の構え」をとっている人は居ないといっても過言ではありません。 それはなぜか?想像すれば自ずと答えが安易に出てきます。 まず、薙刀と違い剣道には「脛」・・・

剣道の中段の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道において基本的な構えとされている「中段の構え」 特徴はすべての攻防の動き、変化に対応できる構えといわれていることです。 例えば上段の構えでは、攻撃性に特化してますし下段や八相の構えなどは防御性に特化しています。 その・・・

剣道の脇構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道の基本的な構えには、上段、中段、下段、八相、脇という5つの構えが存在します。 その中で、上段、中段、下段は試合でも見たことはあると思いますが、八相と脇の構えはほとんど皆無であると思います。 前回の記事でもご紹介しまし・・・

脇構え構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達する練習方法

まず前頭に申しあげておきます。「脇構え」ですが相手が構えてくることは99.9%以上無いと思ってください。 その逆も然りです。「脇構え」も使用するのはおススメしません。 なぜか?それは「脇構え」自体、隙だらけの構えであり剣・・・

剣道の上段の構えの特徴と効果的な技の出し方

剣道漫画「六三四の剣」の主人公夏木六三四(なつきむさし)が得意としていた上段の構え。 私が生まれる前に連載していた漫画でしたが、当時小学生の時に古本屋で見つけて読んだらハマってしまい、早く高校生になって上段の構えをして六・・・

剣道の上段の構えによる踏み込みの方法

剣道において、構えは「五つの構え」と言われているように、主に5種類あります。 竹刀剣道では、主に中段と上段が多いと思いますが、自分自身が上段の構えではなくても、上段に関する知識は必要です。 上手にできるかは別として、上段・・・

中段の構えへの効果的な攻め方 | 剣道が上達す練習メニュー

剣道は竹刀と竹刀が交わるところでの「攻防」というのが勝負にとても関連しています。 最も一般的な中段の構えへ攻め方を攻略すれば、かなり試合でも有効打突に近い、または有効打突を打てる回数やチャンスが広がると思います。 1.中・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ