「剣道の構え」の記事一覧(2 / 3ページ)

上段の構えへの攻め方 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道には数種類の構えがありますが、中段の構えの次に多く見受けられる構えが「上段の構え」です。 この上段の構えは、中段とは全く違う構え方なので、当然攻め方も上段の構えに応じた攻め方にしなければなりません。 1.上段の構えと・・・

正しい構え方|剣道が上達する練習方法

ピンッっと張った背筋で出来ている剣道の正しい構えをみると、それだけでも強い剣士に見えますよね。 それもそのはずです。 剣道の正しい構えがしっかりと出来ていれば、隙が生まれることが無いため相手から攻めることが出来ません。 ・・・

剣道の上段の構えが上達する練習メニュー

剣道でもっとも多く使われる構えは、両手で握った竹刀の剣先を相手に向ける「中段の構え」ですが、それを頭上に高々と振りかぶった状態の「上段の構え」も目にすることがあります。 特に長身の剣士に好んでこの構えをとる人が多く、中段・・・

剣道は間合いで相手の得意技を読もう!

剣道の間合いは、基本一足一刀ですが、必ずしも互いが同じ間合いとは限らず、即座に相手の中心狙い間合いを取って攻防に備えていなければなりません。 自身の間合いをとる為には、まず、間合いの意味を知って相手の戦法を読むことで、自・・・

剣道は自然体から正しい姿勢を身につけよう!

剣道で姿勢が正しくなければ、どんなに打突が決まっても勝利することは出来ず、姿勢正すことから指導を受けます。 正しい姿勢を身に付け、剣道の沢山の動きを体得するために姿勢について説明していきます。 1.自然体とは 剣道で礼を・・・

武士のイメージする構え「剣道八相の構え」とは?

八相の構えをみれば、剣を自由自在に扱って攻撃し続けるようなイメージを連想する構えに見えますが、この構えは自身から攻撃する構えではありません。 この八相の構えも、五法の構えの中の一つでありますが、剣道の試合などであまり見る・・・

剣道の下段の構えは守りだけじゃない!

剣道の構えの中で、下段の構えを見ると、攻撃をするような構えに見えませんが、これも攻めに応じる構えの一つですが、試合などで下段の構えをしている人をみることはありません。 剣道をしていて見かけることのない下段の構えですが、そ・・・

剣道の全ての基本攻防の構え「中段の構え」を身に付ける

剣道全ての動き(攻防)に対応出来る基本の構えといわれるのが、中段の構えです。竹刀を手に取りすぐに教わる構えで、中段の構えは「正眼の構え」とも呼ばれています。 他にも中段の構えは、相手の中心に剣先をつけやすく、自身の正中線・・・

剣道の脇構えとは?脇構えから精神力をつける

剣道を続けていくと、五つの構え(五法の構え)を学ばなければならい時期が来ます。初段受験を前に、日本剣道形を始めて学びます。 それは、剣道一級から初段審査で、五つの構えが含まれる日本剣道形が、段審査項目となっている為です。・・・

剣道の攻撃の構え「上段の構え」を身に付ける

誰もが一度は憧れる上段の構え、全国大会や国際大会、記念大会などの大きな大会で、会場で必ず目にすることがある上段構えの選手、自信に満ち堂々と構え強そうな感じをうけます。 一見派手にも見える剣道の構えの中で、上段の構えは、攻・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ