「剣道の稽古」の記事一覧(2 / 3ページ)

上段対策のための剣道の稽古のやり方

「剣道の上段の構えによる踏み込みの方法」の記事でも触れたように、剣道において、構えは「五つの構え」と言われているように、主に5種類あります。 その中で中段の次に多く用いられている構えが上段です。 高校以上になると、上段者・・・

剣道の稽古の種類とそれぞれの効果について

剣道の稽古法には何種類かあり、それぞれの期待される効果を理解した上で、稽古メニューを考えていくことが大切です。 1.稽古 剣道における稽古という語を字義の上から解釈すると、「古(いにしえ)を稽(かんがえ)る」という事で、・・・

剣道で大切な稽古の心構えとは?

剣道の稽古を積み重ねていく上で、心構えは非常に大切な要素です。 この心構えが、その人の剣道に表れたりもしますし、この心構えをはき違えてしまうと、正しい剣道も身につかない上に、剣道をしている目的も間違った方向にいってしまう・・・

形が上達する剣道の稽古のやり方

剣道には木刀を用いた形稽古があります。 この形稽古は剣道の基本となり、形稽古を上達させると自然と剣道も上達すると言われています。 そのため、着具した状態で、形稽古を基盤とした剣道の稽古法があります。 1.木刀による剣道基・・・

一人でできる剣道が上達する稽古のやり方

どの競技でも、自主練をすることが競技の上達や結果と深く関わっていることがあると思います。 剣道も対人競技ではありますが、一人で行うことのできる独り稽古というのがあります。 1.独り稽古 剣道の一人で行うことのできる稽古法・・・

形稽古とは?│剣道が上達する演習メニュー

みなさん、形稽古という言葉を聞いたことがありますか? 形稽古は簡単に言うと「剣道の形を磨く稽古」のことであり、剣道の正しい動作がきちんとできているかを確認することが目的の稽古です。 形稽古を練習メニューに取り入れることで・・・

試合稽古とは?│剣道が上達する練習メニュー

今まで練習してきた、すべての力を出し切る場面である稽古にも様々な種類があります。 今回お話する「試合稽古」では一体どんなことを意識して行うことがいいのでしょうか。 種類や内容についてお話していきたいと思います。 1.稽古・・・

互角稽古とは?│剣道が上達する練習メニュー

今まで練習してきた剣道の動作や技の基本をしっかりと身に付けるための稽古の一つに「互角稽古」というものがあります。 互角稽古とは一体ほかの稽古とどこがどう違い、どのようなものなのでしょうか? 実際の練習メニューに取り入れて・・・

剣道の稽古にはどんな種類があるの?

剣道に限らず、武道や芸道では練習することを「稽古」と呼んでいます。 「稽古」とは「いにしえをかんがえる」という意味であり、古来からの教えを守りつつ練習し、更なる工夫・研究を重ねるという意味が込められています。 実にさまざ・・・

剣道の打ち込み稽古は基本打ちの成果を表す!

剣道の打ち込み稽古と聞けば、激しく打ち込み、掛かり手の息はあがり動きも止めず立ち向かう姿勢を想像するでしょう。 打ち込み稽古は、剣道稽古の中でもスピードをもって何度も何度も二段三段技などをひたすら打ち込んでゆく稽古の中で・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ