片手突きのコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回のトピックは、剣道において意表をつく技の1つ、片手突きです。片手突きのコツや練習メニューを紹介します。

片手突きは片手打ちなので、竹刀のちょっとした動きでもさばかれやすく、さばかれた後も現代剣道において最も打たれる面がガラ空きになってしまいます。相当慎重にかつ大胆に技を出すことが必要不可欠となります。

剣道の片手突きの練習メニューを説明いたします。まず、若干遠間の間合いで中段の構えに構えます。ここから少し右半身の体勢になりながら、右手を竹刀から完全にはずし、左手一本で竹刀をもったまま相手の喉元へ伸ばします。

左手の小指と薬指を中心に、他の指も使ってしっかり固定しましょう。諸手突きは右手で竹刀の方向を微調整できますが、片手突きではそれができません。

下から上へ竹刀を伸ばすのは非常に強い力が必要となるので、この形で片手突きを行うのはとても難しいです。そのため、イメージとしては、若干両手を使って手元で竹刀を上にあげ、真横から突くという形に近くなります。

突きを突いた後は竹刀を引き、しっかりと中段の構えに戻して残心を示しましょう。片手突きの場合、どうしても打ち自体が軽くなってしまいますので、この残心を示す動作によってその弱点をカバーすることがとても大切になります。




剣道の片手突きの練習方法を説明いたします。諸手突きとは異なり、片手突きは突きの打突部位に竹刀の剣先を当てるという意識及び動作が必要になります。

まずは突きに剣先を当てた瞬間の右半身の体勢を作ります。次に、やや近間で中段の構えに構え、この体勢にもってくる練習を繰り返します。

これができるようになりましたら。一足一刀の間合いの間合いで中段の構えに構え、片手突きをする練習を繰り返します。

そして、最後に遠間で中段の構えに構え、片手突きをする練習を繰り返します。初めから遠い距離から片手突きを練習するのではなく、少しずつ少しずつ距離を延ばしていくことが大きなポイントとなります。

試合ではどのように使えば良いでしょうか。基本的には、片手突きを打った後には面がガラ空きとなるため、面や小手面のように頻繁に繰り返して出す技としては使用できません。

相手の意表をつく技として使います。おそらく多くの選手の剣道人生において多くとも数回の試合程度しか使わないと思います。

従って、片手突きを打つタイミングをしっかりと見極め、それを大切にしましょう。そして、必ず一発で決めましょう。なお、中段の構えの相手だけではなく、上段の構えの相手にもとても有効です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ