剣道面打ちのコツ「打突技術」を身につける

剣道初心者は、素振りや物打ち指導を受ける時に、剣道打突部の中で真っ先に面打ちを教えられます。

それは、構えや体さばきを同時にタイミングよく一致させる動作として覚えやすく身につけるべき剣道基本の打突部だからなのです。

まず剣道をしていなければ、相手の頭めがけて道具(竹刀)を使って面打つという動作を日常で行うことはありません。一般的に考えて恐ろしい事です。

剣道は、武士が剣を練習するために始まった武術です。

それまでの剣の練習は、防具がないままの真剣勝負だったのですが、防具や竹刀が生まれ相手へのダメージを最小限にとどめて剣術を思う存分練習することが出来るようになりました。

今は、スポーツとして行われている剣道の歴史を私たちは、正しく学び理解する必要があり、打突する意味を考え剣道を通じて成長していく必要があります。


基本面打ち(踏み込み打ち)

「正面打ち」頭上中心に振りかぶり、相手正面を右足で踏み込み打突する。

「左右面打ち」正面打ちと同じく振りかぶり、左右それぞれ斜め45度頭上から右足踏み込み打突する。
剣道初心者がありがちな注意点




1.前傾になって頭が下がってしまう
原因は、相手との距離が遠く届いていない。直すには、「一足一刀」一歩の振りで届く距離の打突をするのがコツ。

2.竹刀が右に歪んだ打ち
原因は、右手に力が入り竹刀の柄握り間隔が狭い。直すには、左右の拳握り間隔を一握り半分あける。


2.大きな面打ち、小さな面打ち(踏み込み打ち)

面打ちが慣れて一足一刀が出来るようになってきたら、「大きく面を打つ」「小さく面を打つ」を練習メニューに入れていきます。

それぞれのコツ、「大きな面打ち」は、しっかり肩を使い大きく振りかぶり面を打突。

「小さな面打ち」は、竹刀を小さく振るのではなく、しっかり相手中心を狙い竹刀を突きだすよう手首スナップをかけて両手で柄を絞り打つのがコツです。

慣れてきたら、元立ち(打たれる側)が後ろへ退り進むのを追いかけながら打つことを練習メニューとして行いましょう。

面打ちのコツは、左拳を意識しながら自身の正中線上(体の中心上)位置に右手伸ばしながら相手の面めがけて突きだすよう両拳絞りながら打突します。

一本一本意識を集中して、肩を中心に円運動を行い両手のテコ運動でタイミングよく面打ちをしましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ