面打ちのコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道の面打ちのコツやそれを身につける練習メニューを紹介いたします。剣道の初心者と中級者以上ではコツが大きく違いますので、それぞれのレベルに分けて面打ちのコツを紹介します。

初心者の場合から説明します。まず一足一刀の間合いを保ちましょう。そこから右足を前に出し、一歩前に出て間合いを詰めます。だいたい自分が打てる間合いまで中に入ります。

このとき素早く左足をひきつけます。そして竹刀を大きくまっすぐ振りかぶります。この時、いくら大きくといっても肘を伸ばさないように注意します。

次に、右足を前に大きく出し、左足で床を蹴ります。このとき、左足は足の裏が上を向かないようにしましょう。そして、竹刀をまっすぐ振り下ろします。

このとき左手の小指と薬指に強く力を入れ、後の指は竹刀の方向を微調節する程度に握るのがコツです。また、ひじや肩に力を入れないようにしましょう。

そして、面に当たる瞬間に手首に力を入れて、手首のスナップをきかせて面を打ちます。この時同時に、右足も地面につき、力強く踏み込みます。

そして、左足を素早く右足にひきつけます。面を打った後はすばやくすり足で駆け抜けます。そして、振り返り素早く構えます。ここまでが面打ちです。面打ちは全ての打突の基本となるので、練習メニューの中でも長い時間を使って練習しましょう。

剣道中級者以上の場合、まず一足一刀の間合いから剣先の競り合いで中心をとり、その中心を割りながら間合いを詰めます。

中に入ったらすかさず右足を宙に浮かせて前に出しながら、相手の喉元ギリギリまで構えたまま中に入ります。

突きを打つのと非常によく似た形になります。次に、手首のスナップを使って、細かく面を打ちます。打った後は竹刀が上がらないように注意しましょう。

上級者の試合になればなるほど、審判はそういうところを見ています。竹刀が大きく上がってしまうと、いくら良いタイミングで良い音をたてて打っても審判の旗は上がらず、一本になりません。

中級者以上となると、練習メニューはある程度自分で組み上げる段階に入るかもしれません。この時、突きと合わせて練習すると効果的です。

というのも先ほど申し上げたように、ある時点までは突きと全く同じ動作だからです。逆に、突きがうまくならないと、ある一定以上のレベルの面打ちは打てません。

また、一定のスピード以上で面を打つことも大事です。このとき、手打ちにならないように注意し、体全体を前に出しながら打ちましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ