剣道の一本打ちの技が上達する練習方法

剣道において一番重要な意味を持つ言葉「一本打ちの技」について理解をして頂きたいと思います。

「一本打ちの技」というのは、こちらの攻めに対する相手の剣先の変化をとらえた打突を意味します。

つまり、相手との間合いを竹刀の正中線でしっかり制しながら攻め込み、相手の変化に応じて「面」、「小手」、「胴」を放つという戦闘スタイルであるということを理解願います。

例えば相手がたまらず打ってきたのならが、こちらは出ばな技を狙ったり又は返し技を狙ったりします。

相手の変化に対してのアクションになるので、反射神経が良いのは尚GOODですが、
予測して次の動きをコンマ何秒で攻めぎ合うため、これぞ剣道の醍醐味と呼ぶにはふさわしいのではないでしょうか?


1.「一本で決めるという決意の心」

ここで、真剣の時代を例えにだすと、昔は触れたら大怪我、へたしたら死んでしまう状態にあったため、一本一本が大事でしたし、打突する側も全身全霊を込めた一振りをしていたに違いありません。

「一本打ちの技」が成功するにはその位の想いを持って、一振りに思いをかけて真剣に勝負をしなければならないのではないかと考えます。

これは常日頃の練習でもそういった心構えでいないとメンタルが鍛えれないので、部活動などをやっている方は、練習前に全員で復唱するくらい気持ちを高めてから実稽古に入ってください。

そうすることで上達度が違うと思います。

スポーツでも気持ちは大事なのは重々承知な方も多いでしょうが、自分一人で頑張っていても成長が芳しくありません。
やはり全員で実施することで更なる剣道上達への道が開くはずです。


1.「先制よりカウンター」

一本打ちを焦るばかり相手より返し技をもらってしまったパターンもよくあります。

つまり、それは「相手に一本打ちをされている」ということに間違いありません。

自分が狙っていたつもりが実は狙われていた。

剣道ではありがちなパターンです。

やはり、心構えは必要なこと前提で間合いを計っている相手に対して、剣先で制することが出来るのかが重要であり、先制よりカウンターを狙える人になって頂きたいです。

人間にとって、どの生き物よりも優れていることは「予測」です。

地震予測ができる電気ウナギとは別土俵ですが、体人間との真剣勝負時に相手の動きをいかに予測することが大事になってきますし、初心者や経験が浅い方にとっては上達への道筋が見えるきっけかになるかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ