剣道の突きが上手くなる練習メニューのコツ

剣道の突きは、もっとも怖い技です。突き技を熟練した人以外は、なかなか使うこともありません。

そのため危険性を伴う突き技を、使うことが許されるのも高校生からと決まっています。

剣道の突き技を行う前に、まず、面、小手、胴の打ち方を十分に打突出来るようになってから、突きを練習メニューにいれましょう。


1.突きを練習してみよう

突きは、遠間からでは打突できないので、一足一刀の近い間合いで構え、左足に重心移動しながら、右足で踏み出て左右の手を打ちに絞るように相手の咽喉部を突きます。

突いた後は、中段の構えに戻ります。剣道で突く時は、腕の力ではなく、ヘソを突きだす感じで飛び込むのがコツです。

片手、諸手どちらでも腰が引けていると腕が右足で蹴って伸びてしまい体が前へ出て有効打突にはなりません。


2.突きは気迫で

剣道の突き技は、気迫で相手を攻めていき隙が出来たとこを突くことが求められます。自身の迷いがある状態で突きに飛び込めば体もついてゆけず不十分になるのです。

突きを上達するコツは、一人で練習をするよりも突きに慣れている人(突きの練習を常におこなっている)と相中段で気迫もって突きに飛び込めるような動きを教わることいいでしょう。

突きの練習メニューは、最初動かない相手に対しての突きの練習をして突き垂れから外れない正確さを身につける練習を行うようにします。

互いに合い中段より、剣先が突き垂れより近いとこから突き始め、徐々に遠くして突きを正確に突けるようにします。

突きが正確に外れないようになってきたら、互い一足一刀の間合いより突きを行って正確さを確かめ感覚などを身に付けましょう。

次の練習メニューは、互い合い中段で構え、一足一刀の間合いで前後の送り足をしながら突くタイミングを捉えてから突く練習をします。

動いている相手の一瞬の隙を狙い、相手の動きが止まる(次の送り足に出る瞬間)とこを狙い
突きに出るのがコツです。

動く相手への突きは、難しく正確に突くことが出来なければ相手を怪我させてしまうこともありますので、しっかり集中して練習して下さい。集中力のない時などは絶対に突きの練習を行わないようにしましょう。

突き技を習う上で、突きの練習を常に行っている人や指導者、上級者などと練習を行うと、自身の気迫や突くタイミングを上手く引きだしてもらえ突き以外の場合でも剣道の気迫が発揮しやすくなります。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ