突きが上達する剣道の稽古のやり方

剣道の試合で突きを決めてみたいと、誰もが一度は思うことだと思います。

しかしかっこいいだけが突きではなく、稽古から取り入れることで精神的にも上達するのです。


1.突き

「剣道の突きに対する応じ技」んp記事でも触れましたが、剣道における突きは竹刀の振り幅がほとんどない分、相手が突いてきていることを察知するのは非常に難しく、ましてやそれを更に応じ技で返していくというのはもっと難しいことです。

それに竹刀を振りかぶって振り下ろすという動作がない分、もの凄いスピードであっという間に突かれてしまいます。

突きはいつもの間にか突かれていることが多く、瞬時に対応できない人がほとんどです。

瞬時に対応できなかった人達の中には、相手がそうとう素晴らしいタイミングで突いた可能性もあります。

打とうとする瞬間や、心が乱れたところ、居ついたところ、実を失って虚となったところなどに瞬時に突くと、相手は絶対によけることができません。

竹刀の打突部位が突きにいくまでに時間はかからないので、気づいたら突かれていることでしょう。

まず、突かれないためにも相手に隙を見せないことが大切です。

打とうとする瞬間や、心が乱れたところ、居ついたところ、実を失って虚となったところなどを突かれるということは、相手にそこを見破られているということでもあります。

まず、剣道において心の隙を作らないことはとても大切です。

この心の隙、いわば弱い心に打ち勝つ強い精神を鍛えることも剣道を上達させる修行の目的でもあります。

ですから、その相手の心を打ち破るために突くということは、突く方も強い精神力が必要です。

弱い心だと、突くこと自体が怖くて突けないのです。

ましてや突きは咽喉部で非常に的が小さいため、外す可能性も高いです。

外したら不利になってしまうのは自分です。

それでも相手が突いてくるという事は、相手は強い気持ちを持って突いてきているのだという事を認識することです。

ですから突きの練習を稽古に取り入れるということは、突きの技自体の上達も目的ではありますが、真っ直ぐに相手に突きを突けるだけの精神力を身に付けることも一つの目的といえます。


2. 突きが上達する剣道の稽古のやり方

突きを練習するにあたって数種類のパターンの突きの練習を稽古で行うことです。

表からの突き、裏からの突き、攻め入って手元が上がったところの突き、相手が入ってくることころの突きなど、バリエーション豊かに様々な角度や状況からつけるように練習すると効果的だと思います。

その際、手先だけでなく、腰から突くことを意識することを忘れないようにしましょう。


3.まとめ

突きを上達させるのならば、数種類のパターンを稽古のメニューで取り入れ、バリエーション豊かな突きを打てるように練習することです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ