剣道の突きを打つタイミング

剣道の試合や地稽古において、突きは非常に勇気のいる技といえます。

的が小さく、外れやすい上に外れたらこちらがとても不利になるからです。

ですから、突きを打つ時はよくよく狙い、タイミングを見計らって突くようにし、この一撃で決める気持ちで突くことが大切です。


1.打突の好機と照らし合わせて

剣道の突きを打つタイミングといっても様々です。

情況や相手のタイプなどにもよります。

ですから「打突の好機」という規範に沿いながら突きを打つタイミングを考え、上達に一歩でも近づきましょう。


1.出頭

出頭というタイミングで考えると、中段の構えから、相手が打とうとして間合を詰めてきたところです。

相手が遠間から打ち間に入ってくる瞬間を迎え入れるような気持ちで思いきり突きます。

出頭は、相手が仕掛けようとしてきている分、防御に対して意識が薄れている瞬間でもあります。


2.退くところ

相手が引き技を打った後に退いた後や、こちら側が攻めたてた時に相手が退いたところを突きます。

剣道は試合のコートが定められているので、端に追い込むことなどができます。

その時に、「もう後がない」という状況になった時など、相手は焦りを感じているので冷静な判断ができにくくなっています。

そこで相手が焦りを感じて手元を浮かせた瞬間に突くと、良いタイミングだと思います。


3.技の尽きたところ

これも「退くところ」と似ているところがありますが、突きを打つタイミングという観点で考えると、相手が引き技を打った後です。

引き技を打って相手が構えに戻る瞬間が、相手は一番何もすることができません。





4.居ついたところ

居付いたところとは、こちら側の攻めで相手が一瞬足を止めてしまったところだと思います。

剣道は足がとても重要なだけに、足が止まってしまうと何もできません。

足が止まったところは突きを打つタイミングとしては非常に有効だと思います。

相手も不意を打たれ、仮にこちら側の打突が外れたとしても返すことはできないでしょう。


5.受け止めたところ

受け止めたところというのは、一見突きの技では当てはめにくいと思うかもしれませんが、例えばこちらが打つ素振りを見せた時に、相手が過剰に反応して受ける姿勢になることがあります。

そういった時に、突きが空いていれば有効だと思います。


6.心の乱れたところ

心の乱れたところ、例えば相手が打とうとしてきたのに打ってくるのを途中でやめた場合や、中途半端な間合で打とうか打つまいか迷っている場合のことです。

その時に、瞬間的に思い切って突くと有効です。

竹刀を振り上げて振り下ろすという操作がほとんど必要ない突き技は起こりが分かりにくいので、相手に突こうとする起こり頭を見破られにくいです。


7.実を失って虚となったところ

実を失って虚となったところの場合も、上記の心の乱れたところと同じようなことをいっていると思います。

相手が平常心を失ってしまっている時は、突きを打つチャンスです。


8.相手が息を吸うところ

これは少し難しいとは思いますが、例えば長い長い延長戦などでは相手の呼吸は乱れているのでわかりやすいと思います。


2.まとめ

剣道の「打突の好機」に沿って考えると、突きを打つタイミングがイメージしやすかったと思います。

様々なシチュエーションを考えてイメージすることも上達の秘訣です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ