胴打ちの打ち方とコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道の胴の打ち方や練習メニューをお教えします。初心者と中級者以上では練習メニューは同じですが、コツが大きく違いますので、それぞれ分けて説明いたします。なお、ここでいう中級者以上とはおおむね二段以上の人を指しております。

剣道において胴は左右両方の胴が打てますが、相手の右胴を打つことを胴打ち、左胴を打つのは逆胴を打つと呼ばれています。今回は、相手の右胴を打つ通常の胴打ちのコツを説明していきます。

初心者の場合、まず面や小手を打つときと同じように、一足一刀の間合いで中段の構えで構えます。そこから右足を前に出し、一歩前に出て自分が今すぐ胴を打てる間合い(打ち間)まで中に入ります。

このとき右足を前に出すと同時に左足を素早くひきつけましょう。打ち間にあったらすかさず、竹刀を大きくまっすぐ振りかぶります。次に、右足を前に大きく出し、左足で床をしっかりと蹴ります。

このとき、左足は足の裏が上を向き、跳ねないように注意しましょう。次に、竹刀を返して胴を打ちます。切り返しの時の相手の右面を打つ時と同様に、しっかりと右手の手首を返しましょう。

このとき左手の小指と薬指に強く力を入れて竹刀を振り、右手は力を抜いてしっかりと返すことに集中させるのがコツです。打突時には大きな声で「胴」と叫びながら、胴を打ちます。

この時同時に、右足も地面につき、力強くパンと踏み込みます。そして、左足を素早く右足にひきつけます。胴を打った後は、手や腕の力を抜き、竹刀をさばきます。

そして、すばやくすり足で駆け抜けます。そして、左回りで振り返り素早く中段の構えで構えます。これが胴の打ち方です。胴打ちは面や小手を打つ時と異なり、しっかりと竹刀を返すことが重要になります。よく練習しましょう。

中級者以上の場合、まず一足一刀の間合いから剣先の競り合いで中心をとり、その中心を割りながら間合いを詰めます。

中に入ったらすかさず右足を宙に浮かせて前に出しながら、相手の喉元ギリギリまで構えたまま中に入ります。

突きや面、小手を打つのと非常によく似た形になります。そして、すかさず胴を打ちます。

中級者以上の方にはわかると思いますが、剣道の試合中に単独で突然、胴を打つことはほとんどありません。相手が面を打ってきたところを抜いて胴を打つことがほとんどです。

こういった場面をしっかり想定して、胴打ちを練習しましょう。つまり、相手が面を打ってくるので、自然と相手との距離が詰まってしまいますので、狭い空間ですばやく手首を返すことが重要となります。

基本稽古のときは相手は打ってこないので、ゆっくりとした手首の返しとなってしまう傾向があります。良く意識して練習しましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ