剣道初心者が踏み込みで気をつけるべきポイント

剣道初心者または経験が浅い方向けに剣道の「踏み込み」についてどこを注意すると上達するのか、具体的なポイントを紹介します。

基本的には教科書に載っていることを実践すれば、「踏み込み」の型は出来ると思いますが実際にここの所はどうなの?という疑問が多い所に着目してみたいと思います。


1.「膝裏(ひかがみ)は曲がってないか?」

構えた時に膝裏(ひかがみと称される箇所)が曲がっていませんか?

剣道では身体の重心は腰がよいとされています。これは人間がまっすぐ気を付け状態で立った時に頭から耳後ろ部分、肩、腰、踵が直線になり、その中で上半身より下半身側の方が安定しやすいためです。

そこで、打突をする際の左足の蹴り→竹刀の振りかぶり→右足の踏み込み・打突が同時 
の左足の蹴りで瞬発的な力のエネルギーを発生させますので、言わばミサイルの発射台はまっすぐ構えられてないといけません。

膝裏が曲がった状態では足首の「バネ」も効果を発揮しないので要注意です。

初心者は膝裏を伸ばして足首を効果的に使うことを意識してください。

実は自分ではなかなか気づかない(汗)、でもクセになる前に全身鏡か友達・家族に協力してもらって動画を撮ってもらい、膝裏の曲がり具合をチェックしてみましょう。


1.「左足の引き付けは出来ているか?」

剣道で踏み込んだ後の「左足の引き付け」ってすごく大事なんです。

この左足の引き付けが出来ることで、次の動作にスムーズに移行でき連続技を素早く決めることができるのです。

おそらく最初竹刀を持つ前に足さばきの練習からおこなったと思います。

その時、「右足送りの後に左足親指を右足踵に付ける」と教わらなかったでしょうか?

そのぐらいのイメージをもってほしいということであり、私個人としては左足で右足を蹴っ飛ばすくらいの勢いでいいと思います。

転ばないためにもその分右足の送りが早くなって・・・・と、上達するための効果的な練習方法だと思います。

初心者だからといって恥ずかしからず、一度基本に立ち返ってみてはいかがでしょうか?


2.「腰で移動しているか?」

重心を腰に・・・という話は述べましたが、移動時に腰から体重移動を行い移動していますか?

踏み込むのは足だから、腰の存在がよく忘れられてしまうというのがありがちなパターンです。

基本腰で体重移動し、腰で打突技を打ち、腰で残心を残す・・・という意識を再認識してください。

例えば腰が入ってないと体当たりの時に、相手にちょっと押されただけで転倒したりバランスを崩したりしてしまいます。

逆に相手が吹っ飛ぶような体当たりができる人は腰から打ってきて、腰を入れて全体重を相手にぶつけるような工夫をしています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ