剣道初心者が踏み込みを強化するためには?

剣道では「踏み込み」が重要で、技を打つ際に踏み込みが弱いと手打ち剣道となってしまい、いつまでたっても一本が決まりません。

しかも、「踏み込み」は間違ったやり方を覚えてしまうと、技の伸びが出せなくなり特に初段からはこの「踏み込み」がしっかりと身についていないと合格が難しいと思います。

指導者の中には「思いっきり左足で蹴って右足で床を踏み込むこと」と指導する方がいますが、この指導の仕方だと間違いなく間違った認識を与えます。

「踏み込み」は足だけではなく全体の体重移動、振りのタイミングすべてが合致して成功するのです。

「踏み込み」を強化するために正しい上達方法を学びましょう。


1.「踏み込みを強化するためには」

まず「踏み込み」が弱いのはなぜでしょうか?技を打つ時に腰が引けている(残っている)のが一番の要因だと考えます。

例えば野球やゴルフでも、腕だけで球を打とうとすると手打ちになってしまい、遠くに飛びません。

バットやクラブを振る際の体重移動、腰の回転を使って身体の体重を乗せることで球を遠くに飛ばせるのです。

つまり、剣道でいうと上半身任せに腰が引いた状態で踏み込んでしまうと、身体の体重を乗せることが出来ないので踏み込みが弱くなってしまうのです。




おそらくそうなってしまう原因は右足の着地より剣先が先に動いていると思われます。

足を上げて着地するまでの歩幅よりも剣の振り幅の方が大きいため、打突時に上半身の力しか乗らず踏み込みの力が発散してしまうのです。

そこで、右足を先に着地するまたは「腰」で打つような意識で打ってみてください。

そうすることで、踏み込みに違いが出るはずです。

踏み込みを強化するには「右足を先に着地」と「腰で打つ」をすることが上達するコツです。


1.「遠い間合いで打て」

私が高校の時に踏み込みを強化するために、顧問の先生が良い練習方法を考案してくれました。

それは、遠い間合いで面を打つ練習です。

通常の面打ちの間合いより足一つ分離れた位置から面打ちを行います。

この時、間合いが遠いので心理的に手先を伸ばして竹刀を面に届くように打ってしまい手打ち気味になってしまいますが、それを防ぐため構えを下段にします。

そうすることで、剣の振りと足の歩幅が合致して強い踏み込みが打てるような強化練習となりました。

この練習を続けた後、通常の面打ちを行うと不思議と「踏み込み」が上達しているので効果的であったと思います。

剣道初心者や経験が浅い方は、遠い間合いから腰を入れて右足を先に着地するイメージを常に持って練習に取り組んでみてください。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ