踏み込みのコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は剣道で重要な踏み込み足のコツや練習メニューについて説明いたします。踏み込み足は前後左右のすり足がある程度できるようになってから、習う剣道の基本動作です。

踏み込み足とすり足の大きな違いは、跳躍を伴うか否かです。剣道の踏み込み足のコツは以下の3つです。


1.左足で床をしっかりと蹴る
2.右足の足の裏全体でパンと着地する
3.右足の膝を勢いよく伸ばし、左足付け根を支点にして足を振るようにして素早く左足をひきつける

これらのコツについて具体的な練習メニューなど紹介いたします。


1.左足で床をしっかりと蹴る

まず、左足でしっかりと床を蹴る練習をしましょう。初めはある程度高い所から遠くに飛ぶ練習をしましょう。体育館の舞台程度の高さが最適です。

この時、左足の指を高い所の端の部分にしっかりかけて、しっかり蹴ってできるだけ遠くに飛びましょう。決して高く飛んではいけません。

次に、先ほどよりかは低い所で、若干高い所から飛ぶ練習をしましょう。この時も、先ほどと同様に、しっかり左足の指を高い所の端の部分にかけて、しっかり蹴って可能な限り遠くに飛びましょう。

これができるようになりましたら、普通の床で踏み込み足を練習します。このとき、これまでのような高い所から飛ぶときの要領で飛ぼうとすると、左足かかとを上げなければなりません。

このかかとの高さは先ほど若干高い時に飛んだときと同じ高さにしましょう。そして、左足でしっかりと床を蹴り、遠くに飛ぶ練習をしましょう。


2.右足の足の裏全体でパンと着地する

左足で床を蹴って飛ぶと右足が先に着地します。このとき、かかとから着地すると、全体重がかかとにかかりますので、かかとを痛めます。しっかりと右足の足の裏全体を同時に着地するように練習しましょう。

右足だけを大きく一歩前に出し、足の裏全体で着地する練習をしましょう。ポイントとしては、跳躍中も右足を高く上げないようにして、右足の裏を床と平行にして体重移動することです。

うまく足の裏全体で着地できたときはガンではなく、パンという良い音がします。この音が鳴るよう、一生懸命練習しましょう。


3.右足の膝を勢いよく伸ばし、左足付け根を支点にして足を振るようにして素早く左足をひきつける

 右足が着地した後すばやく次の動作に入るためには、左足を迅速にひきつける必要があります。着地時には右足の膝が折れている状態になっています。

これを勢いよくまっすぐに伸ばしましょう。すると、自然と左足がひきつけられます。また、左足も左足の付け根を支点にして勢いよくひきつけることも意識しましょう。両方を意識すると、自然と左足がひきつけられるはずです。試してみましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ