踏み込みの筋肉の使い方 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道において、踏み込みは有効打突とみなしてもらうために必要な要素です。

その踏み込みを力強くするには、踏み込みを繰り返し行うことで踏み込みに必要な筋肉を鍛えることです。


1.足さばき

踏み込みを練習する前に、まず「足さばき」という踏み込む前の段階の練習が基本となります。

この基本をきちんと理解し、上達させて次の踏み込む段階にいきます。

足さばきとは、自分と相手の間合、つまり距離を有効に詰めて打つための技術をいいます。

古来より「足で打て」という教えもあるように、「足さばき」は正確な打突をするための重要な要素となっています。

剣道の「足さばき」は通常、踏み込み足以外はすり足で行います。

足さばきには四つの種類があります。


1.歩み足

日常の歩行時と同様に左右の足を交互に出したり引いたりして前後に遠く、素早く移動したいときに主に用います。


2.送り足

剣道独特の足の運び方であり、最も多く使われています。

進む方向に近い足から移動し、他方の足を引き寄せます。

あらゆる方向へ素早く移動したり、一足一刀で打突する際に用いる足さばきです。


3.開き足

相手を左右から攻めたり、相手の打突に対して体をかわしながら打突したり、さばいたりして比較的近い間合から技を出す場合に用います。

必ず相手に正対して移動することが大切です。

右に開くときは、右足を相手に正対させながら出し、左足を引きつけます。

左に開くときは、左足を相手に正対させながら出して、右足をひきつけます。

特に左足を大きく開く時は、左足が右足よりも前になることがあります。


4.継ぎ足

送り足や踏み込み足を使う前の補助的な足の使い方で、間合が一足一刀からやや遠い場合に、左足を右足に引きつけて打つ時の足さばきです。

相手にわからないように間合いを盗んだり、遠間から打ち込むときに使います。

以上の四つが剣道で用いられる足さばきのことです。

この中の「送り足」が、現代剣道では打突するときに左足を床で蹴り、右足を床から離して打つと同時に踏み込む「踏み込み足」に発展しています。


2.まとめ

踏み込みを行う際に鍛えられる筋肉、つまり踏み込み足を強化させるために必要な筋肉とは、意外にも右足の踏み込むほうの足ではなく、左足で蹴るほうの筋肉です。

右足でいくらやみくもに踏み込みの練習をしても、かかとを痛めてしまうだけです。

かかとから踏み込まないように、膝から前に出るようにし、足の裏全体で踏み込むよう意識しましょう。

そして左足の蹴る力をつけるためには、跳躍素振りや、うさぎ跳びなどを用いて左足のふくらはぎの筋肉を鍛えると良いと思います。

左足で力強く体を押し出し、右足は膝から出して足全体で踏み込むようにすると踏み込みが上達すると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ