送り足のコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回のテーマは、剣道の基本動作であらゆる足さばきの基礎となる動作『送り足』です。コツや練習メニューを説明いたします。

送り足とは、前進する時は前にある右足から前に動かし、左足を右足やや後ろまで素早く引きつけ、更新する時は後ろにある左足を後ろに動かし、右足を左足やや前まで素早く引きつける足さばきです。

一方、現在の日常生活では前に進む時は右足と左足を交互に前に出し、後ろに下がる時は左右交互に後ろに下げます。従って、初めは剣道の送り足は非常に動きにくい動作だと感じると思います。

もちろん、身に付けるのにもとても苦労するでしょう。ゆっくりでよいので、しっかりと身につけましょう。同様にして、左右に動く送り足もあります。右に動く時はまず右足を動かし、左足を素早く引きつけ、左に動く時はまず左足を動かし、右足を素早く引きつけます。

 このように難しい送り足ですが、最も重要なポイントは何だと思いますか?足の位置でしょうか?違います。

実は体のバランスを崩さずに体重移動を行うことです。初級から中級者までの剣道の試合において一番打たれる瞬間というのは、動き出す瞬間です。

動き出す瞬間というのは、精神的にも動くことを決意し、体のバランスも崩れている瞬間ですので、この時に打たれると何もできないことが多いのです。




従って、いかに相手に自分が動き出す瞬間を悟らせないか、が最重要課題となります。動く瞬間、頭が上下したり、右足がゆっくりと出たりすると、すぐに相手にばれてします。

では、送り足の練習方法を紹介しましょう。まずは、道場の端から端までゆっくりでよいので、足の位置を確認しながら、送り足で前進する練習をひたすら繰り返しましょう。

これはできるだけ一人でやった方が効果的です。というのも、送り足の足の位置を覚える前に、周囲の人と速さを競ってしまうと、足が交互に出る悪いクセがついてしまうからです。

多少ゆっくりでも送り足に慣れてきましたら、道場の端から端まで全速力で前進する練習を繰り返しましょう。この練習は先ほどと逆で、数人から5人程度までの人数で競い合う練習もとても効果があります。

また、この時ビデオでいろいろな角度から撮影し、後に動きを1つ1つチェックするのも自分の動きのクセ等を確認できるので、とても有効です。

左足が右足の前に出ていないか、体(特に頭)が上下していないか、などです。同様にして後進する練習も行いましょう。

このとき、壁には人を配置し、練習者が壁に激突しないような工夫も練習メニューに施しましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ