剣道の攻め足を使い相手の出方を知ろう

剣道で互いの隙を探り合っている場面で、「攻め足」を時々目にします。一見攻撃かと思いきや、守りのように打ち出たり、出ばな技や応じ技を使ったりと剣道のフェイントとも言える攻め方です。

相手を上手く惑わし、打ち出るといった動作には、それなりの気構えが必要です。攻め足は、どのようにすれば上手く相手を引きだすことが出来るのでしょうか?


1.攻め足とは

攻め足とは、左足に体重を乗せて、右足を浮かせるように攻めます。

相手が打ちに来なければ打ち、相手が来たら応じ技を使うので、攻めていますから後ろへ引くことはありません。

ここで注意してほしいのは、足より先に体が前に出てしまわないようにしなければなりません。

体が先に前に出てしまうと、せっかく前にでた相手へ打ち出る時に、自身の体勢が崩れ(上半身が先に出る)引きつける足が跳ね上がったような感じになってしまい、打突が決まったとしても体勢が崩れている為に、有効打突とならないのです。

これでは、せっかくの攻め足が無駄になってしまいますので、しっかりと攻め足をする際に逸る気持を抑え相手の隙を狙い打ち出るようにしましょう。

仕掛け、打ち出る心構えで、攻め足を行わなければなりません。

中途半端な気持ちでは、技自体も中途半端になって失敗してしまいますので、攻め足をして相手の間合いに入り、瞬間的に打ちに出ましょう。


2.フェイントをかける

相手の弱点を判断するには、フェイントをかける方法が最も動きが作りやすく有効的です。気で攻める事が、剣道では大事で、相手の心を動揺させ体も動かすことが剣道でのフェイントです。

こちらの攻め足で、相手の構えを崩しながら相手の変化に素早く反応して、打突することが理にかなった攻め方の一つです。

攻め足を使う意味を理解して、相手が十分に守っているという場合を想定してみます。ただ打ち出ても無駄なので、逆に相手が守りが弱いところを攻める事が理にかないます。

相手の弱い隙を見つける為の一つの方法で、攻め足を使うのです。

最小限の力で、最大限の力を得られるようにイメージトレーニングをして、稽古で実践していくのが練習メニューとして効果的です。

練習メニューは、イメージトレーニングから入り、互角稽古や試合稽古で実践という流れで成功するまで何度も反復練習することです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ