攻め足のコツ | 剣道が上達する練習メニュー

今回は、剣道が上達する過程においてとても大事な攻め足のコツについて詳しく説明いたします。剣道の攻め足とは、前足で攻めることです。

中段の構えや右上段の構えに構える選手であれば右足、左上段のか前に構える選手であれば左足が攻め足の足ということになります。

この攻め足で相手をどう攻めるのか、体の姿勢で相手にどのようなプレッシャーをかけるのか、ということがとても重要です。

しかし、攻め足の練習を積む前に、前後左右の足さばきと踏み込み足をしっかりとマスターしておきましょう。

これらが十分にできるようになるまでに、攻め足の練習をやりはじめてしまうと、基本動作が崩れてしまいます。必ず、前後左右の足さばきと踏み込み足がスムーズにできるようになってから、攻め足の練習をしましょう。

個人差があると思いますが、1つの目安としては、剣道をやり始めてからおおよそ1年以上ほぼ毎日練習してから、攻め足を練習した方が良いと考えられます。

では、具体的に攻め足について解説いたします。構えた時点では、体重が前足と後ろ足に平等に均等にかかっていると思います。

これを後ろ足に体重をかけるようにします。人によりますが、おおよそ前足:後ろ足=7:3くらいにしましょう。

そして、かかとだけほんのわずか上がっている前足を、足全体を紙一枚分程度だけ浮かせます。そして、前傾姿勢になりすぎないように注意して、前足を前に出します。

前に出す距離は、ケース・バイ・ケースですが、おおよそ半歩よりやや短い程度です。実際は、この距離は人によって様々です。

人によっては時と場合によって、前足をだす距離を変えている選手もいます。この前足の距離と姿勢が相手へ強い圧力をかけることとなります。この時、左足が折れ過ぎないようにしましょう。

次に、攻め足の練習方法を説明いたします。基本動作の練習の時に組み込みましょう。

つまり、基本稽古の時に、攻め足を使って相手をしっかり攻めて攻めて、その攻めが完了した時点で面打ち、小手打ち、胴打ち、小手面打ち、突きなどの基本打突を行いましょう。

また、地稽古でも積極的に攻め足を使って相手を攻めましょう。この時、攻め足を使って攻めた時の相手の反応をよく覚えておきます。

相手がこちらのプレッシャーを感じているような場面を作り出せたならば、御の字です。プレッシャーを感じていないようであれば、その理由を探りましょう。

攻め足の練習は一人で行うのは難しいです。相手の反応を見て、その反応を見ながら、どういった攻め足が良いのか種々選択しながら地稽古を行いましょう。高段者との地稽古もとても有効です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ