剣道の試合での効果的な攻め方

剣道の試合で効果的な攻めが出来ず、空回りしていることはありませんでしょうか?

相手の攻めに合わせた単調な対応になってしまったりはしませんでしょうか?

単純に攻めパターンが相手に読まれてしまっているのか、それとも相手の隙が無くどう攻めたらいいのか分からないのでしょうか?

基本、剣道の攻め方は「間合い」を制し、相手より早く打つことです。

それ以外の効果的な攻め方について剣道を上達するためのポイントをおさえつつ紹介していきます。


1.「相手に考える時間を与えない」

よく「間合い」を制するがあまり、試合が硬直状態に陥ることがあります。

そうすると、相手に自分の攻め方や隙を分析する時間を与え、こちらの攻めを崩すための攻め方を考えさせてしまうため、結果的にこちら側が不利になる可能性があります。

そうなる前に、とにかくこちら側から率先して積極的に攻めましょう。

これは、がむしゃらに技を出して忙しなく動けというワケではありません。

とにかく相手の間合いに入って、剣先をおさえたり払ったりして剣先をブレさせます。

そして、少しでも相手の姿勢や動作に遅れが生じた時には技を打ってください。

試合中に自分が考える時間がある時は、相手も同じだということを理解して攻め方はあらゆるパターンを事前にイメージ、用意しておいてください。




剣道は試合の前の事前準備、どう相手を攻めるかの引き出しをいっぱいもっておくことで優位になること間違いありませんし、上達するためのコツでもあります。


1.「相手の土俵に乗らない、自分の土俵に誘い込む」

相手の構えや攻め方によって、自身の攻め方を臨機応変に変化させていかねばなりません。

そして、相手の土俵に自ら入ってはいけません。

例えば、上段の構えの相手に対して面や小手に隙が生じるような攻め姿勢をとったりすると、それこそ攻めの定石通りに不利となってしまいます。

つまり、相手の土俵に入らず自分の土俵に誘い込みます。

相手が常時攻め姿勢の剣道スタイルの場合、こちら側も正直に応戦しようとしても有利には試合が運ぶことが困難になります。

こちら側が返し技や出ばな技を狙いにいくようにしたり、最初の打突は何とか防ぎ鍔迫り合いから引き技を放ったりして応戦することが大事です。

ここは心構えでも紹介しましたが、「不動心」と「相手ではなく全体を見る」ことでより優位に試合を運べることが可能です。

つまり、状況に合わせた戦闘スタイルを変化させることでその時にあったベストな攻め方をすることで剣道がより上達することは間違いないと考えます。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ