剣道の攻め方を事前にイメージしてみよう!

初心者でも面を付け基本打ちを一通り出来るようになれば、剣道の練習の中で試合稽古をすることがあります。

試合と聞けば、身構えてしまいますが、普段の稽古から意識することで攻め方のパターンを色々見つける事が出来ているでしょう。

では、どのようにパターンをみつけるかを考えてみましょう。


1.苦手な技、自身のくせを知る

剣道で相手と戦うとなれば、それなりに作戦を立てるでしょう。

自身が試合しているイメージをして、動きを模索しますし、相手の出方や守り方を予測して自身の動きを連想しパターンをいくつか考え作戦を練りあげるでしょう。

作戦を立てれば全力で戦う気持ちになれます。ですが、日頃から自身の欠点を知っていなければ、すぐ相手に隙をつかれ負けてしまいます。

攻める前に、自身の欠点を指導者や周囲の仲間から教えてもらい、その対策を一番に考えます。

一見、守りに思えますが、苦手な技から攻めながら得意技(一本技)と二段技へ変化させて攻めを試してみて下さい。

もちろん苦手な技をむやみに打ちに出るのではなく苦手だからこそ何度も動きの練習をして得意にしていくのです。

これは、基本打ちの稽古や互角稽古で練習をして苦手を知り、どの稽古場面でも意識して練習メニューとして下さい。


2.相手を攻める

次は、自身の苦手を見つけたように、相手の癖を見つける練習をします。

癖というのは、何かの動きをした後に、癖が出るというパターンが多くみられるので相手を観察しましょう。

特に見つけにくい相手には、こちらから攻撃を仕掛け相手の出方を見ます。

心の攻めで、こちらから打ちに出ようと仕掛けると、相手が下がったり、しかたなく打ちに出てくるので、その隙を狙って打ち出るようにします。

「先々の先」の攻め方は、ずっと引き続ける相手に、打ち続けると相手は守りに転ずるので、相手が打ち出る隙を打ちます。

たとえば、小手を攻めて面や小手を相手の竹刀下から攻める気持ちで、相手より半歩入ると相手は小手を防ごうとするので、右斜めに下げた瞬間に面を打つという攻め方が出来ます。

初心者は、「先々の先」の攻め方が一番やりやすい動きです。

練習メニューは、「先々の先」を意識した攻め方を行うようにすることが、順序として理解しやすく動きやすいので上達が早いでしょう。

剣道の「気剣体」の一致や様々な心構えで自身を高める事が大切です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ