剣道の試合前に試したい練習メニュー

多くの大会が開催される剣道では、試合に出場することで自身の実力を試し、今後の課題や目標を発見していくことも大切な稽古の一つです。

大会が近付くにつれ、試合に備えた練習メニューが組まれ、心身ともにモチベーションを高めていくことが行われます。

では、試合前にはどのような練習メニューを試せばよいのでしょうか。


1.「試合稽古」で本番の雰囲気と緊張感を体験する

剣道の試合前に行われる代表的な練習メニューの一つが「試合稽古」です。

その名が示す通り、大会本番の試合と同じ形式で勝負を行い、時間の感覚や試合運びなどの要領を体得し、そして試合そのものに慣れることを目的とします。

相手となるのは普段一緒に稽古しているクラブや道場の仲間たちであることがほとんどかと思いますが、実際にトーナ面ト形式で行い、擬似的なタイトルをかけて戦うことや、勝っても負けてもその場に残って連続して試合を行うことなどでスタミナや勝負勘を養う効果も期待できます。

試合前にはできるだけタイプの異なる剣風の持ち主と多く稽古することで、本番での幅広い対応力を身に付けるよう留意します。


2.膠着状態に陥った時の、打開策を用意する

剣道では実際の試合で多く見られる展開の一つに、実力が伯仲していたりお互いに繰り出す技がパターン化してしまうことで、戦況が膠着状態に陥ることが挙げられます。

お互いに攻めあぐねている時にはなかなかその状況を変えることができず、延長戦などで試合時間が長引いたり、判定で決着をつけることになるなどの結果になりかねません。




そんな時に状況を打開し、試合の流れを大きく変えたり、あるいは決定打を導き出すようなとっておきの技を練習したいものです。

試合中の膠着状態を打開するのには、昔から「意表を突く大技」が効果的であることが伝えられてきました。

お互いに神経を張り詰め、消耗してきているところに、ふいにこれまでのパターンを打ち破るような大きな技で攻めることで相手の意表を突き、有効打突につなげていくという戦法です。

例としては、「担ぎ技」や「張り技」の有効性が挙げられます。

「担ぎ技」とはその名の通り、瞬間的に竹刀を左肩に大きく担ぐように振り上げ、相手の防御反応を誘いだして胴や面などの空いた部位を打ち込むという大技です。

事前に十分な攻めと、実行の際には捨て身の心持による気攻め・体攻めが必要となりますが、試してみる価値のある技と言えます。

「張り技」は、構え合った状態から相手の竹刀を横方向に瞬間的に強く打ち、構えを戻そうとして空いた部位に打ち込んで勝機をつかむというものです。

通常の「払い技」とは異なるよう、相手の注意を一瞬そらすよう、竹刀を「張る」ことが肝要です。

上達すれば、こちらから試合の流れを変えていくことも可能となるため、有効な方法と言えます。

このように、試合前にはなるべく実戦を想定した練習メニューを試すことで、試合運びや戦い方も自然と上達していくものです。

最終的には十分な稽古で自信をつけて、平常心で本番に臨むことが求められます。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ