剣道が強くなる防御の練習メニュー

剣道には、例えば「受け」などの防御のみに特化した技というのは存在していません。

それというのも、剣道の技法体系では受けた太刀はそのまま返し技などとして反撃するようにできており、相手の攻撃に対しても竹刀を擦り上げたり、抜いたりして逆に打ち込んでいくことが基本となっています。

しかしながら、戦いの流れによってはそのまま反撃できないこともしばしばであり、相手に容易に打たせない技術をもった剣士を「防御が固い」などと表現することがあります。

このように、相手の打ち込みを許さず、逆に応じ技などで反撃できるような、剣道が強くなる防御法が上達する練習メニューをご紹介します。


1.「受けっぱなし」にしないこと

防御についての心構えで重要なのは、決して受けっぱなしにはしない、ということです。

相手の攻撃を徹底的に受けることに徹すればあるいは負ける可能性は低いかもしれません。

しかし剣道では正々堂々と技の応酬を行い、相手に攻め勝って打つ、という姿を追求することで人間性を高める修行とすることを目的としているため、果敢に攻めていく気位をもつことが大切です。


2.相手の出ばなを抑えて、攻撃を許さないこと

受け太刀がそのまま応じ技に展開できることは上記で述べたとおりですが、防御の固さを相手に印象付けるために効果的な練習があります。

それは、相手が打ち込もうとする瞬間にその竹刀を「いなす」ことです。

具体的には、自分の竹刀を相手の竹刀に接触させたまま、相手が踏み込んでこようとする瞬間にその竹刀を自分の左側に流すように圧迫し、自分は開き足などで右に体さばきを行います。

このような遣い方は「いなし」と呼ばれ、相手は打ち込もうとした出鼻をくじかれる形となるため、ひどい場合には前のめりとなったり、防御反応で手元を上げてしまったりといった体勢になります。

もちろんここですかさず打ち込むことができれば申し分ありませんが、相手の気勢を削いで、「容易には打ち込めないのだ」と警戒心を抱かせることが重要です。

打ち合いの流れの中で、何度かこの「いなし」を織り交ぜると特に効果があり、上達に伴っていなした直後からの打ち込みなども練習するとよいでしょう。

ただし、パターンを読まれて、いなされたと見せかけて反撃してくる場合もあるため、十分な注意が必要です。


3.最大の防御法は「足さばき」

防御というと相手の攻撃を受け止めることをイメージしがちですが、大切なのは相手の攻撃に当らない、ということです。

そこで威力を発揮するのが自在かつ俊敏な「足さばき」です。

相手の打ち込みを竹刀でかわすのではなく、身体全体でかわして当らないようにすることこそが最大の防御法となるのです。

しっかりと基本の足さばきを練習し、自由自在に移動できるように鍛錬することが、剣道が強くなるための防御の練習法であると言えますね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ