剣道の体当たりが上達する練習メニュー

「体当たり」は剣道において、唯一認められた「体術」の技であると言えます。

面を打ったその勢いで相手に激しくぶつかったり、お互い同時に面を打ち合う「相面」の直後などによく体当たりの形となることがあり、即座に引き技などにつなげる場面を目にすることが多いと思います。

ですが、「体当たり」はれっきとした剣道の技の一つであり、使いようによっては強力な武器となるため、おろそかにせず十分に練習しておきたいものです。

では、体当たりが上達するための練習メニューにはどのようなものがあるのでしょうか。


1.全体重をぶつけるために重要なのは「下半身」

体当たりの要諦はズバリ、「腰からぶつかる」ことと言えます。

具体的には両の拳を自身の胴にぴったりとつけ、自分のヘソを相手にぶつけるような感覚で当り、その瞬間に左拳で相手をかちあげるように押します。

瞬間的に自分の全体重を衝撃として相手に当てるよう、素早く鋭く以上の動作を行います。

このように「下半身」の動きを強く意識することで体重と速度と当る動作とが協調し、強力な体当たりが可能となるのです。

この時に姿勢が前傾していたり、両手だけで当りにいったりするとせっかくの運動エネルギーが押し留められてしまい、十分な体当たりにはなりません。

腰からぶつかり、相手を浮かせるような心持で練習することが肝要です。

ただし、体勢が悪かったり無理な練習を繰り返すと腰をいためる可能性があるため、安全には十分な注意を払って練習することも忘れてはなりません。


2.場外2回で「一本」、体当たりの使いどころを意識する

体当たりは強力な技であり、相手の体勢を崩して次の攻撃につなげることができますが、もうひとつ忘れてはならない使い方があります。

剣道では2回「場外」となると自動的に一本を奪われるというルールがあるため、コートの線間際では体当たりによって相手を場外に「押し出す」ことも戦術の一つとなります。

ただし、無理やりに相手を押すのではなく、打ち込みの中で自然な流れで体当たりを使うように心がけることが重要であり、普段の稽古で戦略的に体当たりを使えるよう意識しておくことが上達のポイントとなります。


3.相手の体当たりに対処する方法も忘れずに

体当たりを上達させるためには、当たる動作の練習はもちろんですが、相手の体当たりにどのように対処するかという問題も考えなくてはなりません。

ひとつは、相手に「当り負け」しないよう、強靭な足腰をつくるようトレーニングすることです。

相面からお互いに体当たり、そして相引き面などのメニューが代表的な練習法です。

もうひとつは、相手がこちらに当る瞬間に、引き込むように受けながらも「開き足」で右斜めに体を捌き、受け流すような要領で相手をかわす方法です。

うまく決まれば相手の前進する力が空を切り、急制動などの反応で姿勢が崩れることも多いため、攻撃のチャンスともなり得ます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ