剣道の小手が上達する練習メニュー

剣道において「小手」は、自分にとっても相手にとっても最短距離にある打突部位です。

有効範囲も狭く、目まぐるしく動くため打ち込みにくい部位ではありますが、面や胴とは異なりガードがなく、常に矢面に立たされた箇所ともいえるため、小手技は非常に有効な手段でもあります。

では、小手が上達するためにはどのような練習メニューがあるのでしょうか。


1. 「小手」の弱点を捉えるための練習が効果的

最も近い部位であり、ノーガードでもある小手ですが、それだけに十分な警戒がなされるため、おいそれとは打たせてはもらえません。

そこで、小手の上達のためには相手が防御できないようなタイミングを捉えて打ち込む練習が欠かせません。

具体的には、無防備となる「打ち込んでくる瞬間」や、「技が尽きた瞬間」、そして防御体勢などで思わず「手元が上がった瞬間」などがそれにあたります。

打ち込んでくる瞬間を狙うなら「出ばな小手」が有効です。試合でも多い決まり手の一つであり、小手技上達を目指すなら十分練習しておきたい技といえます。

技が尽きたり、手元が上がったりした相手に対しては、「刃筋」をしっかり通して打つ練習を積むことが重要です。

変則的な体勢となる場合もあるため刃筋が狂いやすく、そうなればせっかく当たっても一本となりません。

確実に有効打を繰り出せるよう、刃筋正しく打ち込む練習を忘れないようにしましょう。





2. 小手上達のためには、面も胴も磨くこと

逆説的なようにも思われるかもしれませんが、小手を上達させるためには面や胴など他の技も同様に練り上げる必要があります。

なぜならば、面や胴を十分に攻めて注意を分散させ、あらゆる攻撃への警戒心を引き出すことでより小手技が決まりやすくなるからです。

小手はその多くが打ち合いや攻め合いといった流れの中にできる一瞬の隙をついて決まるため、小手の上達のためには技同士を連携させるためにも面や胴も油断なく練習する必要があります。

剣道では昔から「小手だけ得意は大成せず」ということわざが伝わっています。つまり、どんなに小手が得意でもそれだけに頼っていては戦術の幅が狭くなり、せっかくの得意技も十分に活かすことができなくなるという戒めです。

小手の名手は例外なく面や胴も得意としていると言われます。

相手に脅威を感じさせるような冴えのある技のつながりこそが、小手技をより上達させる要なのです。


3.珍しい決まり手「面返し小手」を練習しよう

小手技でもっとも難しいとされ、試合でもめったに決まることがないのが「面返し小手」です。

相手が面に打ち込んでくるところを受け返し、そのまま小手を打つという技であり、十分な体さばきと冴えのある手の内が必要とされる高等技術です。

小手の上達を目指すのならば、このような難しい技にも挑戦してみましょう。

できるかできないかそのものよりも、工夫する中で更なる発見や気づきがあり、剣道の幅が広がっていくことが期待されます。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ