切り返しが上達する剣道の稽古のやり方

切り返しは剣道の総合的な力を養えるという事で、重要視されている稽古法の一つです。

切り返しを上達させることで、剣道の総合的な力を上達させることに繋げていきましょう。


1.切り返しとは

切り返しとは剣道の基本動作の技術を総合的に行うことのできる稽古法の一つです。

切り返しをすることで剣道の正しい打突に必要な手の内、間合、足さばき、呼吸法そして気力・体力などが上達します。

また、稽古全般のはじめと終わりにも一般的に行われたりします。


1.方法(打ち方)

1.一足一刀の間合から正面を打って前進しながら左右面を4本連続して打ちます
2.動作を切らずに後退しながら左右面を5本連続の合計9本打ちます
3.遠間もしくは一足一刀の間合から正面を打ち、①、②の連続左右面を繰り返し、最後に正面を打ちます


2.方法(受け方)

左右面を受ける時は「歩み足」でさばき、竹刀を垂直に立て左拳は腰の高さ、右拳は乳の高さで受け、引き込んで受ける方法と手の内を利かせて打ち落として受ける方法があります。

初心者に対しては、のびのびとした打突ができるように元立ちは竹刀を垂直近くまで立てて引き込んで受けます。

熟練度が上がったら物打ち付近で手の内を利かせて小さく打ち落として受けると、連続で激しくできるようになります。


2.切り返しを上達させるには

切り返しを上達させるには、まずは数をこなさないといけません。

しかし、間違った姿勢や打ち方で数を重ねても、悪癖がつくだけで切り返しの効果は期待できません。

数をこなす前に、まずは正しい打ち方や姿勢を身に付けましょう。

そのために、まずは防具を着ける前の素振りの段階から、左右面の素振りで正しい角度(約45度)で左右面を打てるようになることです。

一人では正しい角度で振れているかがわからないので、鏡を見て確認したり、誰かとペアを組むなどして、自分の振りを見てもらうのもいいと思います。

そうして正しく左右面を打てるようなってから防具を着具し、まずは受ける人は竹刀で受け止めずに、直接面を打たせるようにしましょう。

さらに竹刀で受けない代わりに、面の真ん中で竹刀を立てて、正しい角度(約45度)が分かりやすいようにしてあげると尚良いです。

切り返しが上達させるための大切なポイントは元立ちの受け方にもあります。

適切な間合を図ったり、実力に応じた受け方を適宜判断するのも元立ちの役目です。

ですから、切り返しを上達させるには元立ちも掛かり手と同じくらいの気力をもって受けることが大切です。


3.まとめ

切り返しを上達させるためには、素振りから姿勢や角度など振り方を確認し、その後着具して、段階を経ながら数をこなしていくということです。

そして、その切り返しを受ける元立ちも適切な判断をしながら、掛かり手に合った方法で受けることも大切なポイントです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ