剣道が中々上達しないという人に見直して欲しいポイント

この文章を読んでくださっている人はきっと、「もっと剣道が強くなりたい」、「もっと上達したい」と願っている研究熱心な剣士の方たちだと思います。

剣道を志す者であれば誰しもが更なる上達を願って稽古に励んでいるはずであり、練習への重要なモチベーションともなるものです。

しかし、剣道を始めてしばらくすると、自身の上達の度合いが緩やかになったり、あるいは平行線のまま中々うまくならない、といった悩みに陥ることがよくあります。

そこで、剣道が中々上達しない、という悩みを抱えている人に、見直してほしい練習のポイントをご紹介したいと思います。


1.知らないうちに悪い癖がついていないか振りかえる

剣道を始めてしばらく経つと、知らず知らず基本から逸脱した「悪癖」が身に付いてしまっているものです。

それは誰しもに起こることであり、身体操作には個人差があるため言うなれば自然なことでもあるのです。

厄介な点は、それがどういうものなのか自分では容易には気付きにくいものであるということです。

癖にも無数の種類があるため一概には言えませんが、例えば右手に力が入りがちで竹刀の軌道が右にずれる、とか、打ち込む瞬間に膝を曲げて一瞬沈み込んでしまう、などといった現象が挙げられます。

これらは当然ながら、剣道の合理的な正しいフォームがもたらす無駄のない動きを阻害するものであり、このような癖によって狙った部位を的確に打てなかったり、相手に出遅れて打ち負けてしまったりといった結果を招きます。




自身で常に基本動作をチェックして戒めることはもちろん、道場やクラブの先生や先輩、そして仲間内でも頻繁に指摘し合うような関係性を築くよう努めましょう。

自身の癖を指摘してもらったら、それを矯正するように心がけ、先生や先輩に稽古をお願いした後に悪い癖が出ていなかったか教示してもらうことも上達への重要な練習となります。


2. 上達を実感できないのは、一定のレベルに達してきた証拠

一生懸命練習しているのに中々上達しない、ということを気に病んで、「自分には才能がないのではないか」と悩む剣士も少なくありません。

しかし、よく覚えておいてほしいのは、物事は一定のレベルに達すると、上達のタイミングに波が出てくるということです。

通常は、右肩上がりに上達し続けることはあり得ません。

停滞期があり、それを超えて一皮むけ、また停滞期を迎えて少しずつよじ登るようにして上達していくのが自然な道筋なのです。

あなたがもし、努力しているのに上達しない、ということで悩んでいるとしたら、それはすでに一定のレベルに達した人がもつ、次元の高い悩みなのです。

もちろん、この時期に努力を続けることを怠ってはなりません。

ある日突然、目が覚めるように疑問点が解消され、一段上のレベルに到達することもままあるのです。

上達を実感できないことを悩むよりも、一歩ずつでも前に進み続けるという努力の姿勢こそが、強くなるための秘訣であると言えるでしょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ