剣道の攻めが強くなるための練習メニュー

「攻めて打つ」、「攻めて勝つ」、そんな言葉を剣道ではよく耳にし、そんな剣風が目指すべき境地として奨励されています。

しかし、剣道においての「攻め」とは具体的にはどういうことなのか、特に始めたばかりの初心者の方にはいまいちピンとこない感覚なのではないでしょうか。

しかし、「攻め」は剣道をする上では非常に重要な手順であり、この強さによって攻撃も防御もその力を増すため、上達のためには避けては通ることのできない課題のひとつであると言えます。

では、攻めが強くなるためにはどのような点に注意して練習メニューをこなせばよいのでしょうか。

具体的な攻め方の方法の解説と合わせてみていきましょう。


1.相手の「中心」を制し、無力化する「攻め」

通常、お互いに中段の構えで戦う場合には、まずもって相手の「中心」を制することが攻略のカギとなります。

剣先が真ん中にあって常に相手に向かっている状態の中段構えでは、そのまま打ち込んだとしても剣先が邪魔をして「迎え突き」の形となり、打ち届かなかったり、致命的な反撃を受けたりするおそれがあるため非常に危険です。

したがって、相手の竹刀をその中心からはずし、防御を無力化して打ち込む、という手順が必要になります。

互いに相手の中心を制しようとするのが攻めの一種であり、自分の竹刀で相手の竹刀を割っていくように一歩間合いを詰めることができれば面ががら空きとなり、打突のチャンスが生まれます。

そうして中心を取られた相手は反射的に面をかばおうとして手元を浮かせることもあるため、小手や胴など空いた部位に打ち込むこともできるようになります。

これが攻めの第一段階として重要な竹刀による中心の取り合いです。

ただし、双方ともに相手の中心を取ることを狙い、しかも自分はその中心を取られないように警戒しながら戦うため、簡単には攻め勝つことはできません。

そこで、「払い技」や「張り技」などを併用し、緩急をつけて相手の反応を見極め、ここぞという時には一気に圧力をかけて相手の中心に割り込んでいく戦法を身に付ける必要があります。

普段の練習でも十分に相手の中心に入っていくことを心がけましょう。


2. 相手にプレッシャーを与えて防御反応を引き出す「攻め」

さらに上達していくと、物理的な竹刀の動きだけではなく、身体全体の雰囲気やいわゆる「気魄」など、目に見えない部分での「攻め」へとレベルアップしていくことになります。

これらは「体攻め」や「気攻め」と呼ばれ、相手に「打たれるかもしれない」という疑念と警戒心を起こさせることで防御を崩し、隙を引き出すことを目的としています。

先述の竹刀による攻めと合わせて精神的なプレッシャーを与えることで、相手の防衛本能によるガードの偏りを引き出すという高等技術でもあります。

普段の練習では、気持ちの上で決して相手に負けないよう、「上から乗る」ような積りで技をつかうことが肝要とされています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ