一人でもできる剣道が上達する練習メニュー

剣道のさらなる上達を願う人は「一人稽古」の方法を工夫していることと思います。

本来は相手と対峙して行う剣道の稽古ですが、一人ではどのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。

一人でもできる、剣道上達の練習メニューをご紹介します。


1.一人稽古の基本は「素振り」にあり

剣道の練習メニューには必ずといっていいほど組み込まれている「素振り」。

通常は、準備体操の後、面を着けての稽古の前にウォーミングアップのように行うことが多いのではないでしょうか。

しかし素振りは本来、剣道の根幹をなす「打ち込み」に必要なすべての身体動作が含まれた、重要なトレーニングとして位置付けられています。

振り上げて、そして振り下ろすこと。

どの角度で、どの速さで、どの位置で、そしてどのタイミングで等々、いくつもの課題が素振りには秘められています。

普段の全体練習では個人個人のテーマに合わせた綿密な素振りまでは実現できないことが多いため、一人で稽古する時にこそじっくりと素振りに取り組みましょう。


2.重いものと軽いものを振り分ける

素振りには通常、竹刀や木刀を用いることと思いますが、ウェイトトレーニングの意味を兼ねて竹刀を二本束ねて振ったり、素振り用の重い木刀を振ったりする人も多いのではないでしょうか。

重いものを振ることは筋力アップという目的だけに留まらず、正しい体幹のバランスや手首のスナップのきかせ方を修得するなど、さまざまな効果が期待できる有意義な方法です。

しかし、古来からあえて極端に軽いものを振ることで得られる効果もあることが伝えられているのです。

それは桐の木などで作った軽い木刀を素振りに用いるという方法です。現代では手に入りにくいため、子供用などの軽い竹刀で代用してもよいでしょう。

実際にそのように軽いものを振ってみると、あまりの軽さに太刀筋の軌道が安定せず、自身の力みが勝る方向にブレてしまうなどといった悪癖がより露わになるのです。

したがって、軽いものを振ることでより正確な手の内と振り方を体得することができ、パワーに頼らない合理的な打ち込みへと発展させることができるとされています。

剣道では昔から、「重い竹刀を軽く、軽い竹刀を重く使う」といった教えが伝わっており、重量の違う道具による素振りでそれらの極意に近づくことができると言われています。


3.剣道でも大切なイメージトレーニング

一人で練習する時は、「一人でしかできない練習」を工夫することが最大のコツであると言えるでしょう。

そんな一人稽古の王道ともいえるのが「イメージトレーニング」です。

文字通り、脳内の想像力で相手との試合運びや、自身の理想的なフォームを思い浮かべることで、そのイメージを現実の肉体にも作用させるという練習法です。

じっくりと戦略を練ったり、自身の癖を修正するために強くイメージしながら動作を加えることで、普段おろそかになりがちな細かい注意点にも気付きやすくなるという、一人ならではの有効な上達法といえるでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ