剣道の出小手が上達する練習メニュー

剣道には「後の先(ごのせん)」という教えが伝わっています。

先に相手に打たせて、できた隙を狙って打ち込むといういわばカウンター技を指して言うことですが、一見こちらが後から動いているようでもその実は相手を誘い出しているので、準備段階から先手をとっているという意味をもっています。

剣道における後の先をとる技の代表格として「出小手」が挙げられます。

相手が面を打ってくる瞬間、その右小手を狙ってカウンターで打ち込む技で、試合などでもよく目にするものの一つです。

では、この出小手が上達するためにはどのような練習メニューがあるのでしょうか。


1.出小手は「前に出る」ことを忘れずに

まずはあらためて、剣道の「隙」について考えてみましょう。

当然のことですが、攻撃する瞬間というのは多くの部位がノーガードとなり、いわば隙だらけの状態とも言えます。

しかし相手が防御の体勢をとることによって反撃のおそれがなくなり、思い切って打ち込んでいけることとなります。

しかし、相手がわざとこちらの打ち込みを引き出し、あらかじめ隙ができる部位を狙っていたとしたらどうでしょうか。

いわゆる「出ばな技」はそんな無防備になる攻撃に瞬間を狙った打ち込みであり、「出小手」はいままさに面に伸びようとするその右小手を迎え撃つように抑える技として知られています。

出小手を放つ側は、相手の面を恐れずに、むしろ積極的に前に出るような心持で打つことが肝要です。

面を打たれることを恐れて先に体を開いたり、頭だけをひねって避けようとしたりすると技も体勢も不十分となり、出小手を成功させることができなくなります。

いかにも相手の面打ちが当ってしまいそうな怖さはあるのですが、それを乗り越えて正しく出小手が決まれば、相手の真っすぐな動きに対してこちらは自然と斜めに体さばきができることとなるため、こちらが打たれることはありません。

決して引かず、前に出る。その事を念頭に練習を重ねましょう。


2.相手の「起こり」を捉える練習を

いかに出小手を狙っても、猛烈なスピードで踏み込んでくる相手の面打ちに対しては、間に合わないのではないかという疑問があるでしょう。

たしかに、相手が打ってくることを確認してから動作を開始したのでは逆に打ち込まれることの方が多いでしょう。

そこで剣道では「起こり」を捉えて打つ練習が大切となります。

「起こり」とは技が発動する瞬間の、その気配や体勢の変化などのことであり、これをよく観察することで出ばな技がうまく決まるようになります。

普段の練習では、基立ちに任意のタイミングで打ち込んできてもらい、その瞬間を的確に捉えて技を繰り出す稽古を積みます。

上達するにつれて、相手が動き出すことが一瞬早く分かるようになり、そうなると出小手の精度は格段に向上します。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ