剣道の突きが上達する練習メニュー

高校生以上の試合から有効打突部位として認められる「突き」。

狭い範囲でありながら、ピンポイントで突き出される剣先が与えるプレッシャーは試合運びに大きな影響を与え、緊張感がさらに増す強力な武器でもあります。

この「突き」を有効に活用することで攻めの強さに磨きがかかり、戦局を有利に展開することも可能となります。

そんな「突き」を上達させるためにはどのような練習メニューがあるのでしょうか。

突き技の種類の解説や、使う時の心構えなどと一緒にご紹介しましょう。


1.突き技の種類

一口に「突き」と言っても、その突き方には様々なバリエーションが存在しています。

中段の構えから真っすぐ突きだすのが「前突き」、竹刀の表から、右手首をやや内側にひねり込むように突くのが「表突き」、逆に裏側からやや時計回り方向に竹刀をひねりながら突くのが「裏突き」、左片手で突くのが「片手突き」です。

居合道や古流剣術などには右片手で突く技も存在していますが、剣道ではほとんどつかわれることはありません。

これらの突き技を攻め合いの流れの中で効果的に使い分けることで、戦局に緊張感をもたらし、他の技との連携をより強力に行うことが肝要です。


2.突きは「腰から」、そして「素早く引く」こと

では、突き技を使ううえでのポイントにはどんなものがあるのでしょうか。重要なのは、「腰から突く」ということです。

他の打ち方にしても同じですが、手先だけで突いて腰が残った状態だとかわされた時に容易に反撃を受けてしまい、かえって自身を危険にさらすことになりかねません。

古来より「突きは死に太刀」とも言われ、強力な技である半面、はずせば自分が危機に陥りやすいためリスクの高いものと捉えられてきました。

剣道においても同じであり、したがって十分に腰の入った突き方を守り、安定した姿勢で身体ごと突いていくことが肝要です。

また、そうすることによって体攻めがよく効果を発揮し、たとえ突きがかわされてもその後の攻撃への展開が容易となります。

さらに、突きではむしろ「素早く引く」ことが重要とされています。

突きっぱなしの姿勢だとこちら側が隙だらけとなり、やはり反撃を受ける危険が高まります。

また、瞬間的に突いて素早く引くことで技に「冴え」が生まれることが知られており、槍の突きやボクシングのジャブなどでも同様のことが言われています。

腰から当るように突き、素早く引くという練習を重ねることで、強力な突き技を体得して攻め合いの妙技も上達していくことが期待されます。

もちろん、片手で突く場合も同じ要領で行いますが、射程が長く、竹刀が伸びきりやすくなるためさらなる注意が必要です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ