家でできる剣道が上達する練習メニュー

剣道の上達を願う人はクラブや道場だけではなく、家での練習も行っているのではないでしょうか。

さまざまなやり方がある中で、有効な方法としてどのようなものがあるのでしょうか。

そんな家でもできる剣道上達のための練習メニューについてお知らせします。


1.室内でもできる、「正座での素振り」

単純に「家でできる」とは言っても、練習のための庭などのスペースがある場合とそうでない場合とがあるかと思います。

そこで、例えば天井が低く動き回るスペースがない室内でも可能な練習法として、「正座をしての素振り」があります。

読んで字のごとく、正座の状態で素振りをするのですが、これなら天井に竹刀がぶつかる心配もなく、室内でも実施することができますね。

この素振りの効果は、下半身の反動を使うことができないため、上体の動き、特に背筋や肩甲骨の上下動といった身体動作に意識を集中しやすくなる点です。

また、一か所に静止したまま素振りを行うため、より正確なフォームを確認することができるという利点もあります。

スタンドミラーなどの大きめの姿見があればそれに自身を映し、正しい基本動作ができているかどうか確認しながら素振りをすることも有効な上達法のひとつです。


2.狭いスペースでもできる「その場打ち」

剣道では手首のスナップのきかせ方が、ひとつの重要な技術として伝わっています。

「手の内」と呼ばれる、瞬間的に鋭く早い打突を繰り出すための両手の使い方には習熟と個人個人での工夫が必要であり、剣道修行者にとって大きなテーマとなっています。

そんな手の内を体得するために有効なのが「その場打ち」です。

中段に構えたまま、大きく振りかぶることなくその場で鋭く手首のスナップをきかせて、面または小手の位置を空間打突するように連続して竹刀を振ります。

この時に力の配分や緩急のタイミング、あるいは両手を絞り込む位置などをさまざまなバリエーションで試すことにより、自分にとって最適な「手の内」を探るヒントとなるのです。

適切な手の内の技術を体得すると打ちこみがより強力かつ鋭くなり、しかも連続して同様の打突を繰り出せるようになるため、剣道上達のためには徹底的に研究したいテーマであると言えるでしょう。


3.「禅」に学ぶ集中力を高める方法

剣道の練習前、練習後には必ず「黙想」の時間が設けられています。

これはいうまでもなく「禅」につながるものであり、集中力を高めるためにも重要な稽古の一環であると言えるでしょう。

家での練習でこそ、このような集中力を高めるための瞑想を採り入れるのも有効な上達法であるといえるでしょう。

コツは姿勢を正し、大きく短く息を吸って、ゆっくり長く吐き出すこと、そして無心を目指すか、それが難しいようなら何か一つのことを考え続けることです。

一回の瞑想時間は線香一本が燃え尽きる間が目安とされていますが、自身の判断で時間を決めるのもよいでしょう。

「動」の稽古に対して「静」の稽古ともいえ、家で行う剣道上達への練習法として最適なもののひとつと言えます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ