剣道が上達する人形型の打ち込み台を使った練習メニュー

剣道の道場やクラブ活動を行う体育館などには、いわゆる「打ち込み台」と呼ばれる実際の防具をまとった人形が備えられていることがあります。

初心者のうちに打ち込みの練習を行うのに使ったり、自身の打ち込み法を研究したりするのに最適な道具であり、相手のいない一人稽古にはことに重宝されるものでもあります。

地味な練習のようにもみえますが、うまくこの人形を使って稽古に工夫を加えれば、立派な剣道上達法ともなるのです。

それでは、人形型の打ち込み台を使った、効果的な練習メニューについてご紹介しましょう。


1.遠慮なく打てる、というのが最大のメリット

打ち込み用の剣道人形における最大のメリットは、何と言っても「遠慮なく打てる」ということに尽きます。

実際に相手に基立ちをお願いして打ち込み稽古ができればよいのですが、そこは生身の人間のため渾身の力で打ち込みを続けたりしては身体がもちません。

無論、打ち込み用の人形だからといって力任せに打つ訳ではありませんが、繰り返し自分のペースで、色々な打ち方を試すことができるというのは大きなメリットであると言えます。

特に、手の内を鍛えたりするために行う「その場打ち」の練習には打ち込み台は最適であり、人知れず工夫・研鑽を積む剣士にとってよきパートナーとなってくれます。


2.「突き」や「逆胴」など、危険な技こそ人形で練習を

高校生以上から有効打突部位として認められる「突き」の練習にも、打ち込み人形は適しています。

ご存知の通り危険な技であるため、人形を使って十分な練習を積み、加減をコントロールできるようになってから対人稽古に移ることも効果的です。

また、「逆胴」の練習においても然りです。力が入りやすく、決まり手としては多くない技であるため、ついつい的を外すことも多いのが逆胴です。

相手の防具のないところを打ってしまったりすると申し訳なさが先立って十分な練習ができないこともあるため、打ち込み人形でその微妙なコントロールを学ぶことが有効です。

狙いを外してしまっても、微動だにしない人形は頼もしい基立ちとも言えますね。


3.引き技の「崩し」の研究にも有効

鍔迫り合いの状態から下がりながら技を放つ、「引き技」の練習にも人形は有効です。

接近した体勢からどのように相手の防御を崩して打ち込むかという、「崩し」の技術が引き技成功のカギを握るため、十分に研究しておきたいところです。

当然ながら人形は反応することがなく、その場にあるままですが、それを盤石で微動だにしない相手であると想定して、どうすればそこから隙を作り出すような崩しを行い、技を放てるのかを想定しながら練習しましょう。

多少押しても怪我をさせる心配がない分、思い切った技の練習ができることも打ち込み人形によって上達する理由のひとつです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ