剣道の打ち込みが上達する練習メニュー

「打突」と呼ばれるように、剣道では突きを除いては竹刀による攻撃方法は「打つ」ことに限定されています。

したがって、「打ち込み」を適切・的確に行えるよう練習することに多くの時間を割くことになるとも言えます。

では、剣道の打ち込みが上達するにはいったいどのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。


1.「気・剣・体」の一致を忘れない

「打つ」という動作そのものは竹刀を「振り上げて、振り下ろす」といった極めてシンプルな運動によって成り立っています。

ところが、実際には精妙な手の内のコントロールによって素早く、そして鋭く打ち込むことと、「踏み込み」という高速前進を行いつつ、動きながらこちらに攻撃を仕掛けてくる相手の限られた箇所に的確に当てる、という複雑極まりない条件を満たす必要があります。

しかも、剣道で「一本」と認められるためには「気・剣・体」の一致が必要であり、これらのうちどれか一つでも不十分であれば、たとえ打突部位を捉えていたとしても一本とはなりません。

つまり、十分な気勢と的確な打突、そして適正な姿勢を保った打ち込みを確実に行うことで、無駄のない「一本」となる技を身に付けることができるのです。

「相手に当てること」に意識が偏りがちですが、基本に立ち返ってまずは「気・剣・体」を一致させることを目指した練習を行いましょう。





2.思い切り発声し、打ちと踏み込みを一致させる

では、具体的に「気・剣・体」の一致とはどのような状態を指すのでしょうか。

分かりやすい目標をたてるとすれば、まずは打ち込みと同時にできうる限り大きな声を出します。

発声の大きさが気持ちを引き出し、気魄となって表れます。

そして相手の打突部位に確実に、十分な威力をもって当てることはもちろん、打つ瞬間と踏み込む瞬間を一致させるように意識しましょう。

目安としては踏み込みで床板が鳴る音と、打ち込みで竹刀が当たる音が同時になるようなタイミングをイメージしましょう。

その時に姿勢が崩れないように注意することも忘れないようにしましょう。

せっかく良い打ち込みができても、極端に前かがみになったり、後足が跳ね上がったりして体勢が不十分だと判断されると、一本として認められない場合も多々あります。

普段の練習では相手に打突部位を空けてもらい、決められた箇所に打ち込んでいく基本的なものに加え、「掛かり稽古」や「相掛かり」など激しく動きながら連続して打突するメニューでも上記の意識付けを強くすることが、さらなる上達につながります。

「気・剣・体」の三つがそろった打ち込みは勢いや威力を備えるため、試合においても容易に崩すことのできない攻撃として相手に脅威を与えることになります。

普段の練習の一本一本にこれらの意識をもつことが肝要です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ