剣道が上達するタイヤ打ちの練習メニュー

野球などでは打撃力を向上させるためにタイヤにバットを打ち込む練習をしますが、剣道においてもタイヤ打ちはとても有効な練習法として知られています。

剣道の上達に効果を発揮する、さまざまなタイヤ打ちの方法をお知らせします。


1.跳ね返った瞬間に止める打ち込み

剣道の打ち込みでは、相手の体勢はほとんど変わることはないため、竹刀の方が大きくしなって衝撃を吸収するようになっています。

試合の映像などをスローモーションでよく見てみると、竹刀が反りかえったように曲がっていることが分かります。

したがって、打突部位に当った後はその衝撃で竹刀は跳ね返り、逆方向に力が逃げていくことになりかねません。

そこで大切なのが、当った瞬間に手の内を締めて、跳ね返った直後に竹刀がそれ以上流されないように止めることです。

こうすることによって鋭く冴えた打ちが可能となり、そでなければ打ちっぱなしの不十分な体勢となって、せっかく当ったとしても一本とは認められないという事態も招きかねません。

このような、打ち込みが跳ね返った瞬間に止める、という手の内の稽古を行うのにタイヤ打ちは絶好の方法であると言えます。

柔らかく、適度な弾力のあるタイヤは竹刀にも手首にも過度な負荷をかけずに、上記の手の内を鍛えることができる優れた材質でもあるのです。




打ち込んでから、跳ね返った瞬間に竹刀を止めて、タイヤからの距離を把握します。

その打ち込みを繰り返して徐々にタイヤと竹刀の距離を狭めていき、最終的には跳ね返った直後には竹刀がピタリと止まってタイヤと竹刀の距離が最小になることを目指します。

これによって、無駄なく鋭い打ち込みを体得するための有効な練習となるのです。


2.タイヤに打ち込んで、そのまま止める稽古

上記は竹刀で相手の面を打った時の手の内を鍛える方法でしたが、こちらは手首や腕の筋力を鍛える、いわば「剛」の練習法であると言えます。

使用する得物は竹刀ではなく、できれば打ち込みようの太い木刀などが望ましいものです。

やり方はシンプルで、タイヤに思い切り打ちこんで、それが跳ね返ってこないように手の内を締めて、打ち込んだままの状態で止まるように鍛錬します。

最初はどうしてもタイヤの弾力に押し負ける形で跳ね返ってしまいますが、手の内の効果的な締め方を体得して上達するにつれ、ピタリと止められるようになります。

この練習の要諦は強靭な手首や手の内を鍛え、連続した激しい剣道の打ち込みに耐えられるようにすることです。

しかし、急に無理をすると手首をいためるなど故障の原因となるため、あくまでもゆっくりと、徐々に力を増していくよう注意して実施することが肝要です。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ