剣道が強くなる手首のスナップや柔軟性を鍛える練習メニュー

剣道では繊細かつ激しい竹刀捌きを可能とするため、手首の鍛錬は欠かせないものとされています。

いわゆる「スナップをきかせる」ことで独特の素早い打ち込みを実現しているものですが、剣道に特有の手首の使い方にそったトレーニングが必要となります。

剣道が上達するための、手首のスナップや柔軟性を鍛えるための効果的な練習メニューをご紹介します。


1.剣道のスナップは「縦」にきかせる

まず、剣道独特の手首の使い方についての特性をよく把握しておきましょう。

剣道は両手で竹刀を握り、それを連動して縦方向に上下させることで打ち込みの力を生み出します。

実際にやってみるとよく分かりますが、手首の縦方向への動きはとても小さく、ごく限られた稼働範囲しか有していないものです。

裏を返せば、その最小限の動きの中で強靭かつ柔軟な性質をもつよう鍛えなくてはならないため、剣道の難しさの一端が垣間見えます。


2.「強靭さ」と「柔軟さ」、それぞれに合った練習を分けて行う

強靭なスナップと、柔軟な稼働を実現するための手首のトレーニングは、それらを同時に満たすような方法を考えるよりも、まずはそれぞれの目的に合わせた鍛え方に分けて実施してみましょう。

スナップを鍛える伝統的な方法としては、砂を詰めた瓶などを持って縦方向に手首だけを動かして上下させるといったものがあります。

昨今では手に入りにくくなっている背景もあるため、瓶にこだわる必要はありません。

練習に使うには手頃な重さで、しっかりした握りのものであれば何でもよく、室内素振り用の短竹刀にウエイトを加えた物なども適しています。

また、柔軟性を高めるためには何といってもストレッチが最適です。手首の稼働する範囲の全方向に向けて、入念にストレッチを行います。

入浴時など身体が柔らかくなるタイミングで実施し、毎日続けることで柔軟な手首を鍛え上げることができます。

手首が柔らかくなればその分稼働範囲が広がり、したがって竹刀を上下させる振り幅も大きくなるためより剣捌きの自由度が高まることになります。

また、手首が柔らかいということでその分怪我をしにくくなり、安全上も推奨されるトレーニングの一つであると言えます。

これらを並行して行うことによって、強靭さと柔軟さを合わせ持った手首を手にし、剣道上達への大きなステップとすることが可能となります。

さらに、広い場所を確保できるようであれば「竹刀の片手素振り」も有効です。左右それぞれの手で竹刀の柄頭を握り、空間打突を行うように素振りをします。

普通に上下動させたり、あるいは手首で回転させるようにして振りながら打ち込んだり、「強靭さと柔軟さ」を意識して動作することがポイントです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ