剣道の引き技が上達する練習メニュー

剣道において「鍔迫り合い」の状態から、一挙に後退しながら技を放つのが「引き技」です。

「引き面」、「引き小手」、「引き胴」と、突き以外のあらゆる部位を引き技で有効打とすることができ、膠着状態に陥りやすい鍔迫り合いを打開する、一撃離脱の戦術として威力を発揮します。

そんな引き技が上達するためには、どのような練習メニューをこなせばよいのでしょうか。


1.鍔迫り合いから相手を「崩す」練習を

お互いに間合いがゼロになるほど接近している鍔迫り合いでは、さらなる緊張感を持って攻め合いがなされているため、そのまま打ったとしても簡単に防御されたり、逆に反撃を受けたりすることもあります。

したがって、相手の隙を作り出して打ち込むような「崩し」の技術が必要となってきます。

基本的には、面を警戒させて小手や胴を狙う方法、小手や胴など低い部位を警戒させて面を狙う方法、左右どちらかにバランスを崩し、空いた部位を狙う方法などがあります。

例えば、鍔迫り合いから瞬間的に相手の拳をグッと押し下げ、反射的に面をかばおうとして手元を上げた瞬間に引き胴を放つことや、逆に手元を下からすくい上げるように押し上げて、胴をガードしようとして両腕を下げた瞬間に引き面を打つ、などのパターンが挙げられます。




また、右手前・右足前で構える通常の剣道の構えでは斜め方向への圧迫でバランスを崩しやすいという弱点があるため、鍔迫り合いでも相手の左側から回り込むように衝撃を加え、体勢を立て直そうとしたところを打ち込むという方法もあります。

ただし、長時間相手の首に竹刀をかけていると注意を受けるため、正しい攻め合いの中で実施することが肝要です。


2.体当たりからの連携で引き技を考える

剣道ではお互いに打ち込みあい、「相体当たり」となる場面が多く見られます。

当り負けしないように踏ん張って、相手に押し勝って打ち込むという方法もありますが、あえて体当たりの衝撃を活用して後退し、その瞬間に打ち込むという戦術も効果を発揮します。

その場合には当った瞬間に、上記いずれかの崩しの方法を用いて相手の防御反応を引き起こし、隙のできた部位を確実に捉えることが必要とされます。

普段の練習メニューでは、「面体当たりからの引き面」、「小手面体当たりからの引き胴」、「相面体当たりから引き小手」等々のバリエーションを用意し、打突のチャンスにおいて躊躇なく最適な攻撃ができるよう稽古します。

また、上達すれば、相手の体当たりを自分の右斜め前に開き足で回り込むようにかわして、急制動をかけた相手が反射的に面をかばって手元を上げた瞬間に引き胴を打つ、といった使い方も可能です。

あらゆる戦局を想定して、全方位からの引き技を練習しましょう。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ