剣道で重要な反射神経の鍛え方

眼にも止まらぬ速さで繰り広げられる剣道の攻防では、鋭敏な反射神経が求められます。

反射神経を鍛えることで迅速に攻撃と防御の動作を行え、一瞬の判断で勝敗を決する剣道において大きな武器となります。

剣道の上達にとって重要な要素となる反射神経を鍛えるのには、どのような方法があるのでしょうか。


1.相掛かり稽古で、反射神経を鍛える

「相掛かり稽古」は、一定時間を決めてその間、双方にフルパワー・フルスピードで打ち合うという荒稽古であり、持久力や相手に打ち負けない強靭さを身に付けることを主眼に行われています。

しかし、打つ部位はお互いに隙ができたところを咄嗟の判断で自由に攻撃してよいため、ここでなるべく相手の攻撃や体勢に合わせて、合理的な技を遣うように心がけます。

お互いに全力でぶつかり合うという相乗効果によってスピードも増加し、反射神経と判断力を高めるためには最適な練習法と言えます。


2.自分よりはるかに速い相手と稽古をする

反射神経を鍛えるためには、自身の現状における限界を超えたスピードに慣れていき、その限界を徐々に引き上げていくというトレーニングが重要となります。

願わくば自分よりはるかに速い相手に稽古をお願いして、そのスピードを超えてゆくことを目指して稽古をします。




最初は手も足も出ずに一方的に打ち込まれたとしても、稽古を重ねるにつれて徐々に相手の動きが見えてくるようになり、防御がかない、応じ技に成功し、やがては完全にそのスピードに追従できるようになることを目標とします。

反射神経はいわゆる「慣れ」によっても鍛えられるということを利用した地道な稽古法ではありますが、確実な成果が期待できる練習でもあります。

まずはそういった相手を探し、食らいついて稽古をお願いできる関係性を築き上げるのもまた人間的な修行の一環です。


3.雨だれなどの水滴を捕まえる稽古を

肉体的なトレーニングはもちろん大事ですが、もっと柔軟で本能的な反射神経を鍛えるためには、ちょっと変わった稽古法を試してみるのも有効です。

雨が降った時など、水滴が規則正しいリズムで屋根から滴り落ちてくることがあります。

反射神経を鍛えるのに、その雨だれを捕まえるという稽古をしてみましょう。

ポイントは、リズムを計算せず、視界に入った時点で雨だれを横から掴むようにして掌に握り込むようにしてみることです。

水滴が落下するスピードは意外と速く、肉眼で捉えてから行動を起こすのではなかなか捕まりません。

遠山の目付けを活用して視界全体で雨だれを捉え、瞬間的に一粒の水滴を掴み取ります。

慣れてきたら風呂場などで、天井からランダムに落ちてくる水滴を掴む試みも面白いでしょう。

剣道の「勘」ともいえるセンサーを最大限に利用して、直感力を磨きながら反射神経を鍛えることも、上達への確かな道のりです。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ